スポンサード リンク


2007年06月30日

多摩湖

結婚する前付き合っていた頃、新婚時代、浩一郎が生まれてから、けんちゃんと私はよく多摩湖にドライブに行きました。

アルバムを見ると多摩湖を背景に撮った写真がいっぱいあります。

いつまでもけんちゃんと一緒にいられると思って無邪気に笑う私がいます。
浩一郎を抱っこして楽しそうに笑う私がいます。

こんなに早くけんちゃんがいなくなってしまうことがわかっていたら、もっとけんちゃんにしてあげられたことがあったのでわないかしら・・・
でも、それがわからないのが人生なんだよね。

ああすればよかったのかしら?こうしたいたらどうなっていたのかしら?そんな答えの無いクェスチョンが人生なのかもしれないね。

ただひとつ、私が学んだのは、この次やろう明日やろうはないっていうこと。
先のことはどうなってしまうかわからない。
だから、やりたいことは今やる!


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

独り言

けんちゃんが亡くなってから独り言が多くなりました。
特に最近ますます多くなりました。

独り言っていうか、けんちゃんに話してるつもりなんだよね。

でも周りの人から見たらちょっと変な人に見えるかな。

それと、けんちゃんがいつも傍にいてくれてるような気がして、
前よりちょっと図々しくなりました。

あまり我慢をしたり気を遣ったりするのもやめようと思っています。

自分に無理せずやりたいように
なるべく自分がご機嫌でいられるようにしていこうと
そう思ってます。

我慢して過しても一生。
やりたいように過しても一生。

いつ何が起こるかわからないんだもの、後悔しないようにストレス
貯めないように、楽しい時間を過したい。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 14:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

新婚生活

けんちゃんと私の結婚生活は東京小平の2DKの社宅から始まりました。

新築のきれいな社宅で、若い新婚さんばかりがほとんど同時期に
入居しました。
2階建てで白い建物が2棟。
1棟に6世帯、合計12世帯のこじんまりした社宅でした。

そばには津田塾大があり玉川上水も近く、緑が多く環境の良いところでした。

あのころはまだ社宅のまわりも畑がいっぱいあったのを憶えています。

月並みではあったのですが、恵まれた幸せな結婚生活のスタートだったのです。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

清泉寮

けんちゃんとの思い出はたくさんあります。

その中でも思い出すと笑ってしまうのが・・・

夏の休みの日、家でグテグテしていた時、
私が「ソフトクリームが食べたい!!」と突然思いついて言うと。
けんちゃんも「食べた〜い」ってことになり。

ソフトクリームといえば・・・
けんちゃんの中では何故か清里の清泉寮と連想してしまい、
そのまま清里へGO!

ここ高崎から清里まで高速も使わずに・・・

そして清里に着いてソフトクリームを堪能し、速攻帰りましたとさ。

けんちゃんはいつも私をびっくりさせたりワクワクさせることを
知っていました。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

躁と鬱

けんちゃんを亡くした後遺症というわけではないのでしょうが・・・
まだまだ感情に波があります。

何でも前向きに考えられて明るく元気な時もあり・・・
何もやる気がしないで家でゴロゴロしてしまう時もあり・・・

まあ普通に元気な人だってそんなことはきっとあるよね。

自分に価値がないとか生きてるのが辛いとか、そんな深刻な状態でも
ないので病院とかには行ってないけど・・

でも、カウンセラーの先生とかに話しを聞いてもらいたいな
と思うこともあります。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

九州ドライブ

けんちゃんと私ははドライブが好きだったので
ほんとにいろんなところに行きました。

中でも一番思い出に残っているのは、九州へのドライブです。
浩一郎がまだ3才になったばかりで、普段の日常生活をそのまま車に
持ち込んだようなドライブでした。

ここ高崎から車で神戸に出てフェリーに乗りました。
フェリーの中で一泊したのですが、お盆時期でとても混んでいて
一人一畳分もないところで寝たのですが、ゆらゆらずーっと揺れてる
感じがして眠れなかったのを憶えています。
それに私はフェリー初体験だったので、興奮していたのだと思います。

翌朝、日向に着き宮崎の海岸沿いをドライブ。
宮崎に住んでいる友達に会って、その日は高千穂に泊まりました。
私が前々から高千穂に行ってみたいと言っていたので、
コースに入れてくれていたのです。

念願の高千穂峡も観光し熊本を回って霧島に一泊。
そしてけんちゃんの実家、福岡へ

けんちゃんはいつも私を楽しませようと旅の計画をたててくれました。
けんちゃん元気だったらきっと、海外旅行とかもいろんなとこ連れてって
くれたんだろうな。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

肉親

けんちゃんのおかあさん、お姉さんたち。
この人たちも私にとっては、とてもストレスになりました。

肉親ですから私とは違う悲しい思いがあったと思います。

でもその悲しみは私の悲しみとは共有できないものもあります。

お母さんと私達は離れて暮らしていましたから、
けんちゃんが亡くなったからといって一緒に暮らすことなんて
できないのです。
まして私が暮らしたこともない遠くはなれた福岡では・・・

私はけんちゃんと20年暮らした高崎で暮らしたいと思いました。
少なくても私が少し元気になるまでは・・・

けんちゃんのお母さんは私のことが心配な気持ちと自分のそばに
居て欲しい気持ちと両方だったと思うのですが、毎日のように
電話をかけてきては、福岡に来るように私に言いました。

私は一時それでノイローゼ気味になっていました。

私は申し訳ないような気持ちになりながらも、私が一番安心して暮らせる
今居る場所で暮らすことを強く願いました。

私の実の母は、早くに父を亡くしていたので私の気持ちを
よく理解してくれていました。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周りの人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

周りの人達

伴侶を亡くすと言うことは思った以上にたいへんなことです。

歳をとってから亡くすのと若くして亡くすのと、
長く患って亡くすのと突然亡くすのと

それぞれ心情的には違いはあると思います。

人間いつかは死んでゆくもの・・・そうはわかっていても・・・

伴侶を亡くした人間は伴侶を亡くしたという悲しみともうひとつ、
悲しみを理解してもらえないという悲しみに出会います。

寡婦というものはかわいそうであり苦労しなくてはならないもの。
そういう回りの人たちの思い込みが益々伴侶を亡くした者を
苦しめます。
寡婦が少しでも小綺麗にしていたり楽しそうにしていたりすることは、
周りの人たちの嫉妬心を呼び起こします。

同情しているような顔をして心の底では人の不幸を喜んでいる人も
たくさんいます。

私はけんちゃんを亡くして、本当の友達とそうではなかった友達を
はっきり知ることになりました。

本当の友達とはありがたいものです。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 14:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 周りの人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。