スポンサード リンク


2007年11月30日

変わらないという優しさ

けんちゃんが生きていた頃も、亡くなってしまった今も、同じように
付き合ってくれる友達や知人は有難い存在です。

けんちゃんが亡くなってからすぐは、私の様子を伺いながら腫れ物に
触るように接していた人もいました。
かとおもえば、早く元気になってほしいとばかり、突き放したり、
叱咤する人もいました。
けんちゃんがいなくなったのだから、苦労するのは当たり前だと、
苦労を背負わせようとする人もいました。

そんな人たちは、私にとっては、ウザイ存在です。

そういった人たちは、あなたのためといいながら、心の底では自分が
安心したいのです。

私は、みんなが思っている以上に傷つきやすくなっていました。

大切な人との別れを経験した人の中には、こういう人間関係から、
ウツになってしまう人も多いのだな。
と、思います。

私にしてみれば、けんちゃんがいなくなってしまっただけでも、
とんでもなく大きな変化なのですから・・・

そのうえ、周りの態度まで変わってはひとたまりもありません。

でも、私はそんなことの中から、いつでも変わることなく、
私と接してくれる人たちの存在を知ることができました。

その時々で、変わってしまうような人間関係はいらない。
そんものは、私を不安にさせるだけだから。

ほんとに大切なのはいつも同じに接してくれる人たち。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周りの人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

信頼できる人

けんちゃんが生きている頃、仲の良かった、けんちゃんと私を・・・
浩一郎も一緒の仲良しな私達家族を、羨ましく妬みに近い感情で見ていた人が、
たくさんいたことを私はけんちゃんが亡くなってから気がつきました。

けんちゃんが亡くなって、暫くの間、私が悲しみの中に沈みきっている間、
優しい言葉をかけてきてくれた人はたくさんいました。
そして、私が少しづつ外に目を向け、「ああしたい。こうしたい。」と自分の希望を
行動に移し出した時、キバを向けてきた人もたくさんいました。

人とは、隣の芝生が青く見えてしまう生き物なんでしょう。

けんちゃんが生きていた頃は、仲の良い私達家族を羨み妬み、
私が一人になると、一人で身軽に生きる私を羨み妬み。

私は人を羨ましいと思ったことは、今までにないのです。

それは、私が本当に幸せで恵まれていたからなんでしょうが・・・

心の持ちようもあると思うのです。

私は私以外の何者にもなれないのですから。
同じことでも何も感じない人と、小さな幸せを感じる人がいるのです。
きっと私はいつも小さな幸せを感じているんでしょう。

今の私にとって、信頼できる人は、私の幸せを応援してくれる人、
見守ってくれる人。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周りの人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

信頼

私は、けんちゃんが亡くなってからというもの、周りの人の気持ちに
けっこう振り回されてきました。

私は物じゃない。

そういう想いも生まれてしまいます。

私がどうしたいのか、何をやりたいのか、よりも。
私にこうしていてほしい、という希望を言ってくる人のなんと多いことか。

「あなたのためを思って・・・」
「あなたの役に立てればと思って・・・」
この言葉は、人の良い私にとっては、受け入れやすい言葉だったのです。

でも人によっては、私がその人の言うとおりにしなかったり、断ったりすれば、
逆切れして怒り出す人もいました。

私のことを真剣に思ってくれる友達もたくさんいます。
けれど、自分の価値観を押し付けてくる人や、私を利用しようと近づいてくる人も
たくさんいることは確かです。

そういった意味で、私はけんちゃんが生きていた頃より、人を見る目が
シビアになりました。

そして、あまり我慢をしなくなりました。
基本的に嫌なことはしません。
そして、嫌な思いをさせられた人とは付き合いません。

私は前よりずっと我儘になりました。

ほんとうに信頼できる人とのお付き合いを大切にしたい、自分に正直で
ありたい、そう思っています。

私がこのことに、もっと早く・・・けんちゃんが生きている時に気付いていたら、
けんちゃんと私の生活はもっともっと楽しいものだったことでしょう。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周りの人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

もうすぐクリスマス

もうすぐクリスマスです。
けんちゃんが亡くなってから、3回目のクリスマス。

万灯会の時もそうだったのですが、けんちゃんとの思い出が多かっり、
印象の強い季節や行事が近づいてくると、なんとなく気持ちが不安定に
なってくるのは否めません。

クリスマスはなんとなく世の中全体がクリスマス一色になってしまうので、
一番つらいかもしれない。

友人達と賑やかにすることも虚しく、一人でいることも悲しい。

自分が気を遣わずにいられる人と一緒に過すのが一番なのかもしれない。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大切な人を亡くした心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

きょうすけくん元気になって!

群馬県富岡市のきょうすけくんが、今たくさんの皆さんの助けを必要としています。
高林京佑君(4)は生まれつき心臓の心室が1つしかない「単心室」と呼ばれる障害を持ち、心機能が著しく低下する難病のため現在東京女子医大東医療センター(東京都荒川区)に入院中です。
きょうすけ君は、まだ小さいのに今までにで3回もの手術を受けたそうです。
4歳の誕生日を迎えて病状が悪化し一刻も早く心臓移植をするしか方法はないそうです。
しかし現在の日本の法律では移植が不可能なため、海外での移植手術を受けることを決意しました。
アメリカ、コロラド州デンバー小児病院で受入が決まりましたが、アメリカで移植手術を行うには、手術費や治療費、渡航費など約八千五百万円という莫大なの費用が必要となります。

平成19年10月25日に群馬県庁できょうすけ君のお母さんが記者会見をし、募金協力を訴え【きょうすけくんを救う会】の活動を開始しました。

たくさんの皆さんの暖かいご支援よろしくお願いいたします。

きょうすけくんを救う会
電話 0274−67−1977
FAX 0274−62−0770
所在地 〒370−2343 群馬県富岡市七日市761番地3 2階

【きょうすけくんを救う会】 HPはこちら・・・
http://www.nanokaichi.ed.jp/kyousukeindex.html

関連記事
産経ニュース
東京新聞



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。