スポンサード リンク


2008年05月31日

心の中の??の声を聞いてみる

私は・・・自分で言うと変なんですが
真面目なところがありまして。

人から
「●●して」
って何かを要請されたりすると
自分の無理でない範囲ではやらなくっちゃ
と、思ってしまうところがあります。

けれど、時には
「あれ?なんで私がやらなくっちゃいけないの?」とか
「自分の都合ばかり言ってこないでよ」とか
そういう思いが頭をかすめることもあります。

長い間、私はそうした??って思いにフタをしてきたような
気がします。

けんちゃんが元気で私の体力も充実していたころは
そんな小さな??な思いはたいしたことではなかった
のかもしれません。

でも、今は自分の心の中の??と思う声を
聞いてあげようと思います。

自分の妥協点、??と思っても、ここまでなら
気持ちよくできるよ、というラインを
自分でみつけていきたい、そう思うのです。

100%の我慢も100%の自己主張も
存在しないと思うのです。

100%の自己主張をしたい人は
いつも周りとの軋轢があると思いますし

我慢ばかりしていては病気になってしまいます。

そして、周りとの軋轢がある自己主張の強い人も
絶えずストレスにさらされています。

でも、そのストレスの素は自分にあることに
気づかないことが多いのです。

今の私は、ほどほどで幸せです。

自分の心にも身体にも無理なく楽しく。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

信濃美術館

けんちゃんと私、そして浩一郎
3人でよく美術館に行きました。

浩一郎は小さい頃から絵を描くことが大好きで
夏休みの宿題で書いた絵は毎年、いろいろな
展覧会に出品してもらって、入賞していました。

ポスターになったこともありました。

今は武蔵美でデザインを勉強しています。

けんちゃんは絵を描くのが大好きな浩一郎に
たくさん良い絵を見てほしいと思ったのでしょう。

まだ小さくてわからないかな・・・
と、思ううちからいろいろな美術館
展覧会に連れて行きました。

海外から良い作品が来ると聞けば
多少遠くても見に行きました。

ジャンルも特に問わず、良いものは
なるべく見に行くことにしていました。

その中でも、家族3人のお気に入りは
信濃美術館の東山魁夷館

何度も足を運びました。

浩一郎は物心ついた頃から
東山魁夷の絵が大好きでした。

家に私が若い頃、展覧会に行ったときの
パンフレットがあって、よく見ていました。

ほかのパンフレットはきれいなまま
保存されているんですが
東山魁夷のパンフレットだけは
ボロボロになってしまい
何度も補修をしました。

信濃美術館までの道のりは
ちょっとしたドライブです。

けれど、家族3人共、ディズニーランドに行くより
うきうきしていたことは確かです。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ギターの音色に癒される

けんちゃんが好きだった曲で「11月のある日」
という曲があります。

ブローウェルという人の作ったギターの曲です。

けんちゃんのお別れ会にも流してもらいました。

けんちゃんは書斎で勉強や仕事をしている時、
よく音楽を聴いていました。

ギターの曲が多かったような気がします。

ジョン・ウィリアムスのギターが好きで何枚もCDを
持っていて、日替わりで聴いていました。

浩一郎が中学生になってクラッシックギターを習いだしてから
けんちゃんはギターの曲を聴くようになりました。

本当は自分が弾きたかったんだと思います。

「楽器が弾けたらいいなあ」
と、常々言っていました。
けんちゃんが育った時代は男子が楽器を習うって
そんなに一般的ではなかったのです。

そうそう
浩一郎はギターを習いだしてから、毎日1時間
けんちゃんの部屋で練習していました。
・・・練習させられていたのかも・・・

けんちゃんは、毎日、浩一郎のギターを聴くのを
本当に楽しみにしていました。

浩一郎も大学に入ってからは、すっかりロックギターに
なってしまいましたが。

私もけんちゃんが亡くなってからは、ギターの曲を
聴くことが多くなりました。

けんちゃんの思い出、ということもちょとだけありますし、
ギターの音色は気持ちを穏やかにさせてくれます。

BGMとして空気に自然と溶け込んでしまう。
そんな感じがします。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

自分を疲れさせてはいけないよ

私の母がけんちゃんが亡くなってから私に良く言います。

「自分を疲れさせてはいけないよ」

これは、けんちゃんが亡くなってすぐから
よく言ってくれていたことなのですが。
最近になって、ようやく意味がわかります。

母も若くして突然、父を亡くすという体験をしているので、
よくわかっているんだと思います。

大切な人を亡くした後の、心と身体は
思っている以上に疲れやすくなっています。

以前と同じことをしていても、何倍も疲れてしまいます。

でも、これって周りの人にはなかなかわかって
もらえないことなのかもしれない。

ちょっと前まで、自分でもなんで前みたいに
動けなくなっちゃたんだろう・・・
ってわけがわからなかったんだから。

大切な人を亡くした後、心の病気になったり
体調を崩したりする人が多いのも頷けます。

そして、それまでと生き方を変える人もいる
ということも、よくわかります。

自分の価値観が根底から覆されるわけですから。

転機・・・
そう言ってしまうとプラスのイメージになるけれど
・・・自分の深い部分に地震のような地殻変動がおきた感じ。

生活や生き方、考え方
いろいろが変わってしまっても当たり前なのかもしれません。

母の言葉
「自分を疲れさせてはいけないよ」

身体が疲れていると心も疲れます。
心が疲れているとロクなことを考えません。

自分を疲れさせないように気をつけることが
最高のケアなのかもしれません。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

萌える緑に癒される

私は今頃の季節が大好きです。

桜の花が終わり、緑がだんだん濃くなっていく様子を
見るのはほんとうに楽しみです。

若緑色の葉っぱの緑が日に日に濃くなり茂っていく
様子には生命力と癒しを感じます。

けんちゃんと付き合い始めた頃・・・
そうなんです・・・
ちょうど今頃の季節でした。

けんちゃんと私は毎週のようにドライブに出かけました。

東京郊外の近場へのドライブ。
日帰りでちょっと遠出のドライブ。

海や山

緑の葉っぱの隙間から差し込む木漏れ日
木々の間をすり抜ける風

その心地よさは、けんちゃんがいなくなった今も
変わりありません。

毎日の散策で街路樹の緑の様子が
日々変わっていく様を見る時間は
まさに癒しの時です。

たくさんの緑に包まれる森林浴は
もちろん癒しに効果抜群ですが、
街の公園や街路樹、近隣のお庭の緑にも
十分な効果を感じてしまう私です。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

お天気に左右されたっていいじゃない

天気が良いとそれだけで嬉しくなってしまう私がいます。

体調を崩してから、お天気やら気圧やらに左右されることも
多くなってきました。

晴れていても
なんだか身体が重いな〜
と、思う時は、お天気が下り坂の時です。

驚くほど敏感です。
台風並みの低気圧が来ている時なんか
頭痛に見舞われてしまいます。

天気予報士になれそうなくらいよくわかります。

最初のうちは、お天気ぐらいで左右される自分の体調を
恨めしく思いました。

精神的なもの?
更年期?

今までと違う自分に戸惑いました。

けれど最近は
自分を守る為の防御反応のような気がしています。

ひどく体調が悪いときは、ひたすら眠ることにも抵抗がなくなりました。
ちょっとすぐれない時、家から出ないでDVD鑑賞を楽しむことも
おぼえました。

空気や人の気持ちに敏感なことはけして悪いことじゃない。

敏感だから感じれること、敏感だからできること
そういった何かがきっとある・・・
そう思えるこのごろです。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

もう大丈夫・・・やっぱりまだダメ・・・

昨年の夏の終わりに倒れるまで、私はとても規則正しい生活を
していました。
朝は7時には起きていました。
何時に寝ても、ほとんど寝ていなくても・・・

眠いという感覚がなかったですし、疲れたという感覚もなかったのです。

今の私は・・・というと・・・
眠い時は好きなだけ眠ります。
疲れているときは休みます。

以前は朝いつまでも新聞受けに新聞が入っているのがイヤで、
朝7時には新聞を取り込んでいました。
まだ寝てる・・・とか、怠け者に見られるのがイヤで・・・
他人の目を気にしていました。

一生懸命頑張ってる自分を演出したかった・・・
そうすることで、自分の折れてしまいそうな心をなんとかキープして
いたのかもしれません。

私の友達の知人でTさんという方がいます。
Tさんも数年前にご主人を亡くされました。

Tさんは私とはタイプが違い、ご主人を亡くされてすぐに大泣きして
家から外に出なくなり引きこもってしまいました。

Tさんは感情をストレートに表現するタイプだったようですし、ご主人も
数ヵ月の闘病生活の後、亡くなりました。

Tさんは数ヶ月の引きこもりの後、サバサバとして、今は仕事に
頑張っています。

悲しみの受け止め方や、悲しみが及ぼす影響は人それぞれなんだなぁ・・
と、思います。

けれど、時期や期間は人それぞれでも、大切な人を亡くした時・・・
疲れた自分を癒す期間は必ず必要なんだと思うのです。

元気そうに見えるからといって、本当に元気なわけではない。

もう大丈夫・・・やっぱりまだダメ・・・
そんな繰り返しの大きな波と小さな波の繰り返しなのかもしれません。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

感情の渦

ちょっと前まで非難していた人に、今度は手のひらを返したように、
親しげに近寄っていく。
その反対もあります。

けれど、非難されていた人自身は何も変わっていないのです。

感じ方や利害関係で人の評価は変わってしまうのでしょうか?

そんな場面に遭遇すると、心が苦しくなってしまう私がいます。

自分の感じ方が変わった・・・
この事実を認めることなく相手を非難したり
崇めたり・・・わけがわかりません。

それに自分の感じ方の変化だけでなく、その時に自分が評価している人や
自分に利益をもたらす人の意見に左右される・・・
そんなこともあるようです。

どちらにしても私にはよくわかりません。

私は直感で動くタイプです。
人の見解に左右されることはあまりありません。

けんちゃんは論理的な人でした。
そして、とても正義感が強かった。

今思えば、本当に法律家に向いている人だったのだと思います。

大学・大学院と物理学を専攻していて、法律は全くの畑違いでした
けれど、自分の適性に目覚めたんだと思います。

物事の本質を見失うことは、自分にとっても周りにとっても
損失の大きいことだと思うのです。

人にはそれぞれ感情の渦があります。

その渦が黒いドロドロしたものになった時、私はその感情のそばには
いられない。
黒いドロドロしたものは、思惑だから・・・

たくさんの思惑の渦が交錯している場所はマイナスのオーラが
いっぱいです。
・・・これは、私の感じ方なんですが・・・
言ってしまえば・・・
昨年の夏、倒れた時はこのマイナスの渦にやられたのです。

私は、できることなら白くてきれいな渦のプラスのオーラがいっぱいの
場所にいたいのです。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

踊らない幸せ

私は今、踊らない幸せを感じています。

少し前の私だったら考えられないことです。

夜、家でのんびり気になるドラマを見たり、ゆっくり本を読んだり。

人はその時々、自分にとってこれこそ全てだ!
と、思うことがあるかもしれません。

けれど、人間の可能性は計り知れません。
自分の力を発揮できるモノや場所は自分が考えているより
はるかに多いのかもしれません。

まだ、目覚めていない才能だってあるかもしれません。

私は、心が折れて体調を崩すという体験をして、自分が今まで拘っていた
ものって何だったんだろう。
けんちゃんを亡くしてみて、本当に大切なものってなんなんだろう。

そういうことを考える機会をもらいました。

踊ることは、私の全てじゃない。
それはハッキリと感じ、理解することができました。

踊らない幸せ
●●しない幸せもあるんだな。

そんなことも考えました。

健康な身体とゆったりした心、それが保てさえすれば・・・

鎬を削って高みを目指しても、その先に幸せが見えなければ・・・

幸せはもっと自分に近いところにある。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

あと少しで元気なれる自分を大事にしたい

今の私は見た目は普通に健康そうに見えます。
どこも怪我をしてるわけでもなく、顔色が悪いわけでもありません。

心の状態って人には見えません。

だから、なかなか理解してもらいにくいものです。

無理をすると、せっかくここまで元気になったものが
台無しになってしまう
そんな気がします。

あと少し・・・あと少しで元気になれる・・・

私は人と一緒の時、不機嫌であることは滅多にありません。
けれど、世の中、自分の機嫌を外に出してしまう人もけっこういるんです。

人の不機嫌は私のせいじゃないのに、不機嫌な人がそばにいると、私のせいだと
思ってしまう私がいました。

不機嫌と自己主張や正直とは違います。

自分の気持ちを素直に出すことが、不機嫌になることやヒステリックに
なること、ではないはず・・・

けんちゃんは正直で誠実な人でした。
けれど、自分の意見や気持ちを感情的に表現することは無かったです。

だから、私はいつも伸び伸びしていられた。
そう思うのです。

私にとって感情をぶつけられることは恐怖です。

だから、そういう場面からは、離れていようと思います。

自分が強くなってそういう人に対抗すればいい・・・
そう言う人もいるでしょうし、そう望む人もいるでしょう。

けれど、どういう選択をしてもそれは私の自由であるはず。

そこまで人に指図されたくはない。

あと少しで元気なれる自分を大事にしたい。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

『埠頭を渡る風 』

思い出の歌とか思い出の曲とかって、今聞いてもその曲が流れていた頃へ
タイムスリップしてしまいます。

けんちゃんと私の思い出の曲もたくさんあります。

その中でも、けんちゃんと私の一番最初の思い出の曲・・・
松任谷由実さんの『流線形'80』の中の『埠頭を渡る風 』

けんちゃんと出会って二人でドライブに行くようになった頃、車の中で
よく聞いていました。

まだ、結婚する前のことですね。

その頃はCDなんてMDなんてなかった時代ですから、レコードを
カッセットテープに録音したものでした。

『流線形'80』の中の曲は全部好きだったのですが、私は何でか
『埠頭を渡る風 』が一番印象に残っているんです。

そのころ、けんちゃんはいすゞのジェミニに乗っていて・・・
中古で安く譲ってもらったもので、エアコンも装備してなくて。

ちょっと暑くなってくると窓を全開で走っていました。

海に行くのも山に行くのも全開の窓から風を受けながら・・・

何故かその風を受けて走っている時に『埠頭を渡る風 』という曲が
とてもマッチしていたのです。

今はCDで聞きますが、やはりこの曲がかかると、何かこう・・・
胸がキュンとしてしまうから不思議です。


ユーミンのアルバム『流線形'80』

ユーミンがいっぱい




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

けんちゃんは今でも守ってくれてる・・・

けんちゃんが亡くなってから丸2年半経ちました。

私の中では2年半も経ったという感覚は全く無いですが・・・

時が止まっていたような2年半でしたが、私はいろいろなことを学んだようです。
けんちゃんが元気だったら、もっと違う学びをしていたのでしょう。

けんちゃんがしてくれていたことを一人でしなければならない・・・
そういう学びもありましたが、それだけではありません。

もっと本質的なこと・・・

自分のことであれ、人とのお付き合いであれ、核となるものを見る
ということです。

・・・上手く言葉にできませんが・・・

核となる大切なものは、回りに枝葉がいっぱいついていて探しにくい
もののようです。

そして、回りについている枝葉は、恰も自分が核のような顔をしているのです。

目で見るだけではわかりません。
自分の感覚を信じることも大切なんだと思います。

体調を崩してから見えてきたものもありました。

感覚や直感、目に見えない力。
人の感情の渦。

けんちゃんが守ってくれていたのは、目に見えているものからだけでは
ないこともはっきりと感じることができました。

そして、けんちゃんは今でも私を守ってくれている・・・





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

自分に楽なように・・・程々が幸せ

私の友達にKさんという人がいます。
Kさんは、根がとても真面目なしっかりした人です。

真面目でしっかりしているため、自分一人でいろいろを抱え込んでしまい
・・・もうだいぶ前のことですが、健康を害してしまってそうです。

その後、カウンセリングやヒーリングを学び、自分が自分でいられる状態を
みつけることができたそうです。

Kさんとは、時々お話をするんですが・・・
けんちゃんが亡くなる前から
「あなたが一番楽なようにして良いのよ」
と言うのがKさんの口癖です。

私はけんちゃんが亡くなったあと、Kさんの言葉の意味をより深く
感じるようになりました。

世の中、何故か我慢することを強いられてしまう人がいるようです。

私はモロにそんなタイプだったようです。

逆に100%、自分の主張を通そうする人もいます。

けれど、主張しないからといって、私だって主張がないわけではない。
誰にだって主張や願望があるはずです。

激しい主張をしなくても、黙々と努力を積み上げている人を我慢強いイメージ
だけで捉えたらそれは間違いだと思うのです。

私は人と争ったりすることはしたくはありません。
100か0かと言った両極端も望みません。

なんでもほどほどで幸せです。

最初から100%を求めて足掻くより、小さなひとつを積み上げて・・・
ひとつ積み上げては、自分で拍手し・・・
楽しみ満足しながら、気づいた時には120%

っていう方が楽しみです。

Kさん、言うところの、自分が一番楽なように・・・

楽で楽しければ長続きもします。

遠くばかり見ていても、そこには何もないかもしれない。
今この時・・・
私が生きているのは、今この時なんだなぁ

自分が楽で、程々が幸せ。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

自分の気持ちに素直に・・・快適に

私はけんちゃんが元気だった頃から、自分の事情より人の事情を優先させて
しまう癖がありました。
・・・これは、つい2・3日前に気付いたことなんです。

漢方の治療やヒーリングなどで心が正常な状態に近づいたのでしょう。

私は長いこと良い人だったんだな・・・
そう思いました。

別に良い人になりたかったわけではないのですよ。

でも、人との争いや摩擦は無条件に避けたかったですね。

お願いをする側でも自分の事情を先に言ってくる人が多いのです。
私の事情は後回し・・・もしくは聞いても来ない。
私にとってはこれはとても不思議なことなんですが・・・
現実問題、そうなんです。

そして、言われたとおりにやっても、特に感謝されるわけでもない。
ひどい場合は、自分が言ったこととちょっとでも違っていると、逆ギレ
する人だっています。

長い間、私は気付かなかったけれど、これは私にとってはすごいストレス
だったのですね。

私は人に何かをお願いする場合は、おそらく相手の方の事情を真っ先に
伺って自分が合わせるでしょう。

私はもっと自分で自分の心や身体を思いやってあげても良いんだな・・・
そう思いました。

心も身体も・・・自分の健康管理は自分にしかできないことですから。

けんちゃんが元気だった頃は、そんなことがいろいろあっても、けんちゃんと
話したり一緒にいることで解消していたのかもしれません。

そんなことがあって、昨年の夏の終わりに倒れてしまったのかな。

これからは、自分の気持ちもっと考えてあげよう。
人生はまだまだ長い。
快適に過ごさなくっちゃね。

人に迷惑かけない範囲なら自分の気持ち優先させても、いいよね。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

時は流れている・・・

数日前、けんちゃんが最後に運ばれて亡くなった病院に、友達のOさんが
入院しました。
Oさんには、とてもお世話になっているので、お見舞いにすぐにでも
行きたいと思ったのですが、行くのがとても怖かった・・・

事情を察した友達のTちゃんが一緒に行ってくれて・・・
共通の友達なので・・・

Oさんのお見舞いに行くことができました。

けんちゃんが最後に運ばれた病院は、家から車で5分くらい
歩いても行けちゃうくらいの距離にあるので、今まで全然行かなかったのが、
不思議なくらいでした。

最初、Tちゃんと一緒に行ってもらって、2度目は私一人で行くことができました。

Oさんは幸い症状も軽くすぐに退院になりました。

2年半振りの病院は、あの日とは全く違って見えました。
時は流れているんだなぁ・・・
そう思いました。

人の移り変わりがあっても、建物や病院内の様子はそんなに変わっている
はずもないのに、2年半振りの私には全く違うものに映りました。

記憶の中では冷たくだだっ広かった廊下も、狭くて暖かかった。

けんちゃんが亡くなってからの2年半・・・
私の中の時間の流れと、外の時間の流れは確実に速度が違っていたようです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

怖い夢

けんちゃんが亡くなってからの私は、眠っている間に夢を見ることが
少なくなりました。

けんちゃんが亡くなってすぐの間は、睡眠時間自体が少なかったので
夢を見ている時間もなかったのかもしれませんが・・・
きっと夢を見ても憶えていないのでしょうね。

けんちゃんが亡くなる前の私はよく夢を見ました。
それが、けっこう怖い夢が多かったのです。
追いかけられる夢、お城の中のような迷路のような建物の中を逃げ回る夢。
時には金縛りもありました。

ダンスのスタジオにいる頃のトラブルに巻き込まれていた時などは
本当にひどい状態でした。

ストレスが夢に出てきていたのでしょうか・・・

ところが、けんちゃんが亡くなった後、パタリと怖い夢を見ることも
無くなったのです。

まるで、けんちゃんがバリアを張って私を怖い夢から守ってくれている
ような気がしてしまいます。

今の私がストレスの少ない生活をしているからでしょうか・・・

けれど、けんちゃんが亡くなった後もストレスを強く感じる局面は
あったはずなんです。

それでも以前のような怖い夢は見ませんでした。

本当に不思議です。

私は眠る時は、いまだに私の分のお布団とけんちゃんの分のお布団と
二組のお布団をひいています。

やはり、けんちゃんは私を守ってくれている。
そう思えるのです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

私にとってダンスとは

私が最初に踊ることを止めたのは、けんちゃんが亡くなる2ヶ月前のこと。
スタジオでの代表とのトラブルの直後でした。

ヒステリーな代表に当り散らされた私は、その日家に帰ってから起き上がれ
なくなりなりました。

そして、けんちゃんが亡くなった後、友達が・・・たぶん踊ることが
私の幸せと思ってくれて・・・踊れるようにしてくれたのですが・・・

昨年の夏、私はまた倒れました。

激しい踊りでしたので、体力的な無理と・・・人間関係。

いえ・・体力的なことより、むしろ人間関係だと思います。

私は倒れたことで、今は踊るということから離れています。
踊りたくない・・・と思っています。

けれど最近になって思うのですが、けんちゃんが私を守ってくれて
踊らない方向に私を導いてくれているのではないかしら・・・
そんな気がするのです。

夏に倒れるまで、私が踊っていた団体は、団体の中も団体のまわりも・・
今でもトラブルが多発しています。

こうして離れていて客観的に見ていると、私はあの中にいなくて良かった。
そう思えてしまうのです。

誰かを守るために、何かを守るために・・・
私は自分自身を犠牲にしてはいけないんだ・・・
けんちゃんがそう教えてくれいるような気がするのです。

私のダンスに対する考え方は、とにかく楽しく気持ちよく踊ること。
これに尽きると思います。
苦しい練習も苦しいだけでは意味が無い。
苦しかったり辛かったりする練習の中にも楽しさがなければ・・・
そして、乗り越えた時にも何倍もの楽しさがなければ・・・

今でも、私はきっと・・・ダンスは好きなんだと思います。

けれど、人間関係のトラブルは・・・これは誰でも好きではないでしょう。

私はスタジオにいる頃のようにめいっぱい踊ろうとか、インストラクターで
いよう・・・なんて思っていません。

ダンスに拘らない自分探し。
これも大切なことだと思います。

自分が楽しい気持ちで踊れる場所や機会は、きっとそのうち見つかる・・・
焦らなくても大丈夫・・・
今はそう思っています。

不思議なんですが、けんちゃんが守ってくれているような気がするのです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

私の夢

小さな子供の頃の私の夢は、お嫁さんになることでした。
少女マンガでバレエの話が連載されていた頃はバレリーナになりたかったし、
赤毛のアンなどのたくさんのモンゴメリーの作品を読んでいた少女時代は
小説家になりたかった。

今の私の夢は、日当たりの良い小さなお庭のある小さな家に住むこと。

ささやかな夢のようですが、今のご時世では贅沢な夢なのかもしれません。

小さなお庭に季節のお花やハーブ、お野菜を育てて、静かに暮らしたい。
そんなことを考えています。

風の匂いや色、土の匂いや感触、太陽の恵みそういったものを感じながら
暮らしていけたら幸せだなぁ。

自給自足の生活をしたいとか、ナチュラリストになりたいとか・・・
そんな、大そうなものじゃないですよ。

静かな生活は今の私にとって、退屈な生活ではありません。

人間関係の大事件なんて今の私にとっては必要ないものです。

大切に育てた花が綺麗に咲いたら大事件、自分が育てたきゅうりやトマトが
実を付けたら大事件。
そんな穏やかな生活がしたいのです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

自分を信じる強さ、そして優しさ

私の友達でY君という、今・・30歳位になったのかな・・・
ちょっと歳の離れた友達がいます。

以前、私がインストラクターをしていて、いろいろ大変な思いをした
ダンススタジオで一緒に踊っていました。

Y君はまだ、スタジオにインストラクターとして行っているんですが。

実は私がスタジオを辞めてから、今もスタジオに行っている人で連絡を
とっているのはY君だけなのです。

他の仲が良かったはずのメンバーもスタジオを辞めたとたん手のひらを返した
ようになりました。

スタジオの代表は気性の激しい人なので、私についてあることないこと
作り話も皆に言いふらしています。

Y君もそんな話をきいているはずなんですが、Y君の私に対する接し方は
以前と少しも変わりません。

スタジオの代表ともある程度の距離を保ちつつ、いつ辞めても良いという
覚悟の元、仕事と割り切ってスタジオに行っている・・・といいます。

私は、スタジオを辞めなければいけなくなった直後、そして、けんちゃんを
亡くした直後・・・Y君には、すごく支えてもらいました。

私にとっては、信頼できる友達です。

Y君は、自分を信じているんだと思うのです。
人の口やその場の雰囲気に流されることなく、自分の判断を信じることが
できるんだと思うのです。

嘘をつく人もたくさんいます、嘘をつかなければ生きていけない人もいます。
誇大な表現や感じ方の違い・・・人が生きていく上では自分で見極めなければ
いけないことがたくさんあります。

年齢や性別を超えて、Y君は私にとって大切なことを教えてくれる人です。
Y君はトマト農家なので、大きなハウスにトマトをたくさん作っています。
「トマトは嘘をつかないから」Y君は言います。

けんちゃんが亡くなった後・・・心が疲れ切っていた私に
「トマトが生ってるとこ見においでよ。
いっぱいトマトが生ってるとこ見たら、きっと元気になるよ」

私は、Y君のところにトマトを見にいきました。
広い大きなハウスの中は、真夏のように暑くてトマトがたくさん生っていました。

植物の生命力は人に元気を与えるんだな・・・
そう思いました。

Y君は、けして器用な人間ではありません。
けれど、Y君の自分を信じる強さは、何ものにも代えがたい優しさなんだ
と思います。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

音楽好きのデート

私とけんちゃんとの出会いは、アマチュアの合唱団でした。

同じ合唱団で数年、一緒に歌っていました。
けんちゃんは学生時代からグリークラブで歌っていて、音楽好きでした。

けんちゃんと私の最初のデートは渋谷のヤマハだったんですよ。
それも、最初から約束してたわけじゃなくて、私が楽譜を探しに行かなくちゃ
いけないから・・・日曜日にヤマハに行くっていう話をしているのを
聞きつけて、けんちゃんもヤマハに出現したんです。

だから、正確にはヤマハで偶然のように出会って、その後、オムレツを
食べに行ったのが最初のデートかな?

でも、この時はまだ付き合ってるってわけじゃなかったなぁ。


音楽好きの私たちは、映画デートも多かったけれど、コンサートデートも
多かったですね。
友達関係のコンサートにも二人でよく行きました。
ジャンルもいろいろでしたね。

私もけんちゃんも、あまりジャンルにこだわらない音楽好きでした。


特に思い出に残っているのは、イタリアオペラが来た時。
私とけんちゃんは、オテロとボエームが見たくて、発売日に買いに行きました。
一枚3万円位だったかな〜

当時はバブル真っ只中。
今思えばずいぶん贅沢なデートですよね。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

ラベンダーの魅力

[ラベンダー] ブログ村キーワード

私が今、住んでいるのはアパートなので、お庭はないです。

プランターに季節の花を植えています。

今のところまだ、春の花が咲いていて、もう少ししたら夏の花に植え替えよう
かと、思っているところです。

ひとつのちょっと大き目の鉢にラベンダーが植わっています。
何年も前に植えたものなのですが、ほとんど手もかけていないのに、
毎年、咲いてくれます。

今、ちょうど満開です。

私がラベンダーの魅力に気付いたのは、十数年前、けんちゃんと浩一郎と
三人で家族旅行で千葉に行ったときでした。

その前にハーブ講習会といのを受けていて、ハーブティーの効能を勉強したり、
ハーブを使った小物の作り方を教わったりしていて・・・

今はどこにでも、ドライハーブは売っていますが、そのころはまだ扱っている
お店は少なかったのです。

ポプリならあったんですけどね。

房総はお花がいっぱいということで、ドライハーブを扱ってるところも
たくさんあると聞いていたので、私は海で遊ぶこと以上に楽しみにしていました。

ドライハーブやハーブオイルをたくさん買いこんだ車の中は・・・
特にラベンダーが多かったのですが・・・
香が充満していて・・・

なんとも、リラックスできる空間となっていました。

ある意味、眠くなってしまって、運転している人にとってはヤバイくらい。

あ〜、ラベンダーってほんとに効果あるんだ・・・
ハーブってすごい・・・

ラベンダーの誘眠効果はすごいと思います。
寝室にはお手製の小さなラベンダー枕があります。

私にとっては、心地よい眠りにつく為の必須アイテムです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

映画が好きです

昨日はあまりの陽気の良さに、車をとばして映画を見に行ってしまいました。
ドラマでも大好きな「相棒」です。

けんちゃんも私も映画が大好きでした。

結婚する前のデートでは、二人の見たい映画はほとんど見ました。

浩一郎がお腹にいる時は、生まれたらしばらくは見れなくなっちゃうから・・・
と、毎週のように見に行きました。

私が生まれて、5歳まで育ったお祖父ちゃんの家の向かいは映画館でした。
映画が始まるベルの音とあの独特の匂いは、小さい頃の私の思い出です。
昔の映画館の匂いは、なんとも郷愁を感じるんです。

今は昔のような映画館はほとんど無くなって、近代的なシネマコンプレックスに
なっていますね。

映画を見る環境は変わってしまっても、私はやはり、映画が好きです。

今はお得なスペシャルディーや割引サービスもあって、気軽に楽しめますね。
昨日はレディースディーでした。

私の場合、友達と行くより一人で行くことの方が多いです。
気が向いたときに・・・思い立った時間に・・・

私が、見たいなぁ、と思う映画はたいていは、けんちゃんがいたら見たがる
だろうと思う映画です。

大好きな映画なのに、昨年の夏に体調を崩してから見に行ってなくて・・
映画館のポイントを失効してしまいました。
なんとも悔しいかぎりです。

自分の体調だけの問題ではなくて、対人関係のストレスとかもあったので・・・

映画館のポイントなんて小さなことかもしれないけれど、これって私が
自分の生活を楽しめてるかっていうバロメーターのような気がします。

自分のことで忙しくて・・・とかっていうことなら仕方ないとも思えるけれど、
ストレスで体調を崩すなんて、それで生活を楽しめないなんて、イヤですね。

久しぶりに映画館に行ったら、これから面白そうな映画、たくさんやりますね。
楽しもう!って思います。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

「おもいッきりいいTV」に思う

昨日、みのもんたさんの、「おもいッきりいいTV」で連休中の疲れを一晩で
取る方法・・・みたいなのをやっていて・・・

私は連休中はのんびり過ごしていたのですが・・・
なので特に連休だからといって疲れてるわけじゃないんですが・・・

ものは試し、ちょっとだけやってみました。

・大きな口をあけて笑う
・夕食にはギャバを多く含む食材を摂る
・お風呂は38℃位のぬるめのお湯で15分〜20分の半身浴
・寝る前にツボ押し
・布団に入ったら今迄で最高に楽しかった場面を思い出す
・朝起きたら朝日を浴びる

だったかな・・・

昨夜はテレビで、お笑い芸人歌うまい選手権って番組をやってて
大うけで感心しつつ大笑いしました。
特に芋洗坂係長さん・・・
外見と歌うまいののギャップに私的には大うけ。

ギャバを多く含む食材って
きゅうりやトマト、味噌、えのきだけ、チョコレート、発芽玄米etc.
私は、発芽玄米ときゅうりの漬物、えのきだけの味噌汁、鯖の味噌煮を
食べてみました。

半身浴はいつもよりちょっとぬるめのお湯で、ラベンダーを入れると良い
ということだったので、ラベンダーのオイルをいれてみました。

肩と腰と足のツボも刺激して。

ここまでは完璧・・・


でも、布団に入って今迄で最高に楽しかったことを思い出してたら・・・
それは、けんちゃんとの思い出ばかりで・・・
結局、涙・・・涙・・・になってしまいました。

仕方がないので、けんちゃんが亡くなった後の楽しかったことを思い出して
みることにしたものの・・・

とっても少ないのです。

思いました・・・
私はこれから、楽しいことをたくさんみつけていかなくちゃ・・って。

けんちゃんとの思い出に浸って生きているわけじゃないけれど・・・
けんちゃんが亡くなった後、楽しさを感じることができない自分がいました。

何をしても虚しさが付きまとう様な・・・

楽しさを感じるアンテナをもっとピーンと張り巡らせても良いのかな〜
なんて・・・ちょっとだけ感じました。

もちろん、今朝はしっかり朝日を浴びました。
朝は柑橘系の果物を食べると良いそうですよ〜


参考
・おもいッきりいいTV


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ブログを書いて癒される

私は、このブログの他にもいくつかのブログを持っています。

以前の記事「書くことで癒される」とちょっと共通するところも
あるのですが、それぞれタイプが違うブログなので、それぞれに癒され方や
楽しみ方が違います。

私は正直言って、文章を書くのは上手くないです。
小学校の時なんて・・・
小学校の時って、毎日日記を書かされませんでしたか?

私の時は、毎日の日記って低学年のうちは宿題でした。
通常は文字だけの日記で、夏休みと冬休みは絵日記でした。

私は、日記が書けなくてよく泣いてたんですよ。
「何を書けば良いかわからない〜」って
そして、下手をすると・・・

朝起きてご飯食べて夜寝た・・・
みたいな日記になってたり・・・

学年が上になってきて、いろんな本を読んだりするようになって
やっと少し書くということが楽しくなった気がします。


私の日記ブログ
「天国のけんちゃんへ」
これは、私の日々の日記です。
ごくごく普通の日記です。

「ダンススタジオ物語〜慧子の憂鬱〜」
小説?でもないしエッセイ?でもないし
なんなんだろ
思いつくまま・・・一応、物語です。
フィクションってなってるんですが・・・
実はモデルとなる人物が・・・
あぁ〜!これ以上は申し上げられません・・・

そして・・・
ポエムブログ「いちごみるく」
自分の気持ちや・・・
過去の自分の体験
四季折々の情景などを特に形式もなく書いています。


どのブログもマイペースで更新しています。

無理をせず、書きたい時に書きたいように・・・
なので、とんでもなく更新期間が開いちゃったりするんですが・・

私にとっては、とても良いヒーリング法になっているようです。


参考
・天国のけんちゃんへ
・ダンススタジオ物語〜慧子の憂鬱〜
・いちごみるく



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

眠り姫?

昨年の夏の終わりに体調を崩してから、私の生活は一変してしまいました。

けれど、これはけして、悪い変化ではなかったと思います。

漢方や自力整体、ヒーリングなどに出会い・・・
それは以前の私にとってはあまり興味の無いもの達でした。

よく、必要な時に必要な出会いがある・・・といわれますが
まさにそんな感じです。

今の私は、際限なく眠ってしまう時もあります。

昨年の夏以前なら、考えられないことです。

まだまだ、寝つきが悪い夜もあるのですが、そんな時はあまり神経質に
ならずに、状態に合った漢方薬を飲んだり、ハーブティーを飲んだり。

元気な人にだって寝付けない夜くらいあるさ・・・
って思います。

けれど、そんなとき以外は、おそろしいほど良く眠ります。
まるで、眠り姫です。

姫というには、歳とってますが・・・

そして、昏々と眠り続けているそんな時に、夢うつつに不思議なイメージが
湧いてくるのです。

私の中に、悲しみの塊みたいなものがあって、その塊が溶け出してくる・・・
そんな、イメージです。

それが何なのかはよくわかりません。

眠っている間に、心や身体の弱くなっているところが、修繕されているのかなぁ?

なんて、思っています。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

書くことで癒される

このブログを立ち上げて、1年ちょっとが経ちました。

自分の心の中のモヤモヤに藁をも掴む気持ちで書き始めた・・・
と、言うのが正直なところです。

途中、体調を崩したりで更新しないことも長くあったりもしましたが、
読み返してみると、1年前の自分の気持ちと今の自分は気持ちは
少しづつ変わってきたと思います。

話すこと以上に書くことって心の面では良い事なのかもしれない・・・

自分の気持ちを整理する?・・・
そんな上等なものじゃないけれど・・・

話したり書いたりすることで見えてくるものがある・・・

書くことで小さな荷物を降ろしていける自分がいる・・・

そんなことも感じます。

自己啓発や心・ヒーリングなどの書籍もたくさん読みました。

実際にそうしたもので癒されたものもあったんですよ。
・・・今度ご紹介しますね。

私は、けんちゃんを亡くしたことで、それまであまり考えることがなかった
心のことを考えるようになりました。

心の健康って、身体の健康を左右してしまうくらい大事なものなんですね。

私にブログを書くように勧めてくれたのは、自分も自律神経失調症を
克服した友人でした。

そして、実際ブログを書いてみると、書くことで癒されている私がいました。

ダイエットでも、書くだけで痩せられるっていうダイエットがあった気が
しますが・・・そのダイエットが効果があるかないかは別として

書いて文字にしてみるって、不思議な効果があるみたいです。








banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ドライブで癒される

私は免許を取ってから、車の運転が大好きになりました。

免許をとってすぐに、けんちゃんがプレゼントしてくれた車は
ホンダのシビックでした。

そのころシビックはとても人気があって、納車まで1ヶ月近く待った
おぼえがあります。

色はやはり赤でした。

まだ、赤のシビックもそんなに乗っている人も少なくて、私は嬉しくて
、毎日乗り回していました。


私の住んでいるところは、車で30分も走れば山道を走ることができます。
今の季節は、山道を走れば、山ツツジや自然の藤の花も見ることができ、
新緑もとても美しいです。
1時間も走れば軽井沢に着いちゃいます。

国道を観音様を横目に・・・上毛三山を見ながら・・・
空の変化を楽しんで、走るのも大好きです。

四季折々の風景の変化はまるで絵画のようです。

窓を全開にして風をうけながら走ると、リフレッシュする自分を感じます。

群馬は車は大事な移動の手段です。
でも、私にとって運転している時間は、リフレッシュできる癒しの時間
でもあります。

そう感じることができる私は幸せなんだと思います。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

教習所〜免許

私が車の運転免許を取ったのは、浩一郎が3歳になるちょっと前でした。
私は生まれも育ちも東京なので、車の必要性を感じず生活していました。
結婚してから、小平に住んでちょっと不便を感じたものの、免許を取ろう!
とまでは思わなかったのです。

ところが・・・
高崎では、そうはいきませんでした。

小さな浩一郎は、男の子だったからでしょうか、しょっちゅう熱を出しました。
そんな度に自転車の前に乗せて、小児科まで行くのは本当に可愛そうでした。

免許取らなきゃかな・・・
って、思っていたある日・・・

「ちょっと教習所、見学にいかない?」
って、軽い感じで誘ってくれたんです。

私は、浩一郎もまだ小さいし無理だろうなぁ
なんて、思いながらも、けんちゃんに連れられて教習所へ行きました。

教習所で管理職っぽい教官の方の話を聞くうちに、何故か自然と教習を
受ける方向に話は進んで、私は翌日には教習所に通い始めていたのです。

群馬の教習所はたいてい託児所がついていて、小さい子がいても安心して
教習を受けられるんです。

もう20年も群馬で生活している今の私には、当たり前のことなんですが、
そのころの私には驚きでした。

私は1ヶ月間の教習を終えて、無事に免許証を手にしたんです。

もう、20年近く前のことです。

群馬は自動車の保有台数が多いことで有名ですが、車は足代わりなんです。

そんな、私の足をくれたのも、けんちゃんでした。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

メールフォームを設置します

今日はちょっとした連絡です。

メールフォームを設置します。

このブログのコメント欄って内緒話ができない設定なので・・・

私、桃色珊瑚と同じ体験をされて思いを桃色珊瑚に話してみたい・・・

とか・・・メル友になりたいとか・・

そういう方がいらしたら、メールフォームからメールください。

どうぞ気軽にメールしてみてくださいね。

もちろん今までどうりのコメントも大歓迎です。

下の「桃色珊瑚にメールする」をクリックするとメールできます。

桃色珊瑚にメールする



サイドバーのプロフィールの下にも方設置しておきますね。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。