スポンサード リンク


2008年08月31日

本当の私って・・・

けんちゃんが元気だっ頃もこうしたブログを書いておけば
良かった・・・
今になるとそんなことを思います。

今の私にとって、このブログは自分の心の中を見つめる
大切な役割を果たしてくれています。

あの頃も、もっと自分の心の中を見つめていれば・・・

忙し過ぎました。
あの頃の私は、今思うとまるでブルドーザーのようでした。

だからできたこともある・・・
そうは思います。

あの頃、培ったものに助けられている私もいます。

けれど、けんちゃんが元気で居てくれることのありがたさも
家族の重要性もほとんど考えることはありませんでした。

時間は無制限にあると思い込んでいましたし・・・

私は本当はどうしたいのか?
自分に与えられた時間を有意義に使うには?

そんなことは考えませんでした。

今から思うと、やりたくないこともたくさんやってきたような
気もします。

本当の自分が見えてはいなかった・・・

いえ・・・
人には、いろいろな面があるのだな・・・
そう思います。

今の私もあの頃の私も、まちがいなく私なんです。

そう思うと、まだまだ見えていない自分の姿も
あるような気がしてきます。

けれど、どんな面が見えてこようと、それは私自身に
違いないのです。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

心が満足するささやかな楽しみ

自分のやりたいことって、大きな目標を持って始めなければ
いけないのでしょうか・・・

私は日々の小さなやりたいことを糧にしたって良いと思うのです。
見た目の小さいか大きいかより、自分の心の満足度だと・・・
そう思うのです。

私の周りの多くの人は、私は踊っていることが当たり前だと
思っています。

踊ることで、けんちゃんを亡くした悲しみや喪失感から
立ち直れると思ってもいるのでしょう。

けれど、今の私は踊ることで、自分のささやかな楽しみを
犠牲にするのは嫌なのです。

今の私は、インストラクターとしての活動をしているわけでは
ありませんし、自分の満足感を優先したっていいはずです。

これまで、踊ることで私は自分のプライベートな生活を
犠牲にしたことも多かったです。

仕事ならば、ある程度は仕方ない部分もありますが・・・
今の私はインストラクターとしての活動はしていませんから・・・


浩一郎が来た時には、二人で楽しく遊びたいし、
友達とご飯を食べに行ったり飲みに行ったり・・・
ゴールデンタイムのテレビだってゆっくり見たい。

お花の手入れだってしたいし
しばらく会ってない友達にも会いたい。

旅行だってしたいし・・・

浩一郎の大学の文化祭や展示会には真っ先に駆けつけたい。

こうして考えると、私は今まで普通の生活ができていなかった
ように見えてしまいますね。

今の自分の心が満足する生活をしていきたいです。

心が渇いたら、けんちゃんを亡くした悲しみや喪失感から
抜け出すことはできないと思うのです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

今はやりたくないんです・・・

立ち直るということを今の生活を変えることと思っている人が
多いような気がします。

私が高崎に留まって同じ場所で暮らしているのは
けんちゃんとの想い出を引きずっているからだ・・・と。

けんちゃんのことはいつだって思い出します。
けれど、私は自分で選んでこの場所にいるのです。

昨年の夏、体調を崩してからダンスをしていないのも
やりたくないからです。

誰かに誘われればまた踊り始める・・・
そんな簡単なことではありません。

自分の中で踊りたい気持ちがいっぱいになったときは
誰に誘われなくても・・・ダメだと言われても・・・
踊り始めてしまうのでしょう。

何かを始めたい・・・という、一見前向きの気持ちは
表現し易いのですが・・・

逆にやりたくない・・・という気持ちは表現しにくいものですね・・・

私がやりたくないということは、そのことそのものを
否定しているわけでもないし、嫌いだというわけでも
ないのです。

ただ、今はやりたくない・・・
それだけの話です。

私は中身は結構頑固なのに、見た目はソフトに見えて
人付き合いも良いように思われているようです。

自分から強引に主張することも滅多にありません。

だからといって、自分の主張や意見がないわけではありません。

自分の意見や主張を常に声高に叫びながら生きている人なんて、
あんまりいませんよね。

日常生活ではほとんどの人が何気なく生きているはずです。

意見を言う必要がある場面、主張する必要がある場面で
できればいいと、私は思っています。

主張ばかりしていては疲れますからね。

別に、私の気持ちを汲み取って欲しいとも思っているわけでは
ありません。
言わなくてもわかって欲しい・・・なんて思ってません。

ただ、ここに居たい・・・今はやりたくない。
それは言葉のまま受け取って欲しいと思うのです。

その理由を説明しろと言われても、一言で説明できるものでは
ありませんし、複数の要因あってのことです。

あの時こうだったから・・・・あの時・・・
ってことはいっぱい数えきれない程あります。

けれど、それをひとつひとつ言ったって始まらないし
自分ですら把握しきれていないのです。
それに、私のやりたくないという気持ちが変わるわけではありません。

私はやりたくないことを考えるより、小さなことでも
今やりたいことを考えたいのです。

今やりたいことは、他の人にとっては、そんなこと・・・
と思うようなことなのかも知れません。

けれど、小さなやりたいことの積み重ねが生きる力と
なるのだと思うのです。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

私の中の悪戯っ子

私がいつでも楽しそうに見えてしまうらしい・・・
というお話を前回しましたが、考えてみると・・・

私は人を観察するのが大好きなんです。
観察って言ったら、言葉が悪いかもしれないけれど・・・

大事な会議の席で、向かいっ側に座っている人の
ことをよ〜く見ていて、面白いところを探していたり

そんな子供っぽいところがあって、それが楽しそうに見えて
しまうのかな〜・・・なんて思ったりもします。

先日もイベントの打ち合わせで、大手の電気量販店の会議に
行ったときのこと。
会議室での打ち合わせが終わって、会場の下見に出て
いろいろ見て回っていたのですが、会場担当のスタッフが
会場の見取り図を作成するため、寸法を測りだしたのです。

事故現場なんかでお巡りさんがコロコロ転がしている
寸法を計る道具があるじゃないですか・・・
アレを持ってコロコロ走り回っているのを見ていたら
その場面が漫画のように見えてきてしまって・・・

笑いをこらえるのに必死でした。

普通の人が見たら、何ともない場面なんでしょうけれど・・・

ごくごく普通の人の普通の動作の中にキャラを見いだしてしまって、
それが劇画みたいにデフォルメされてしまうのです。

そんな場面に遭遇すると、一人でニヤニヤしている私がいます。

そんな時の私のキャラは、悪戯っ子の顔です。

そう考えると、やはり私はいつも楽しそうなのかな?




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

やきもちって・・・

人って、結構やきもちやきなもののようです。

けんちゃんを亡くしてから、あっ・・・これって
やきもち?・・・って場面に遭遇した時が何度かありました。

私は、いつでも楽しそうに見えてしまうようなのです。
けっこう悩んでいるときでも、そう見えなかったりするようで
損なのか得なのかよくわかりません・・・

けんちゃんが私と結婚した理由は・・・
いつも楽しそうだから・・・
っていうことだったのですが。

けんちゃんを亡くして・・・
体調を崩して・・・
精神的にも相当ダメージがあっても・・・

周りの人には、私は楽しそうに見えてしまうようなのです。

私が神経質になり過ぎているのかもしれないけれど
それにしても、やきもちを含んだ言葉や態度はわかります。

そして、不思議なことに私に対してやきもちのような気持ちを
向ける人は見た目は家庭的にも恵まれたように見える人なのです。

まあ・・・それも見た目なので、本当のところはわからないのかも
しれませんね。

ご主人が元気で家族も健やかで・・・
幸せそうに見えても心の中はみえませんから。

家族の為に自分を犠牲にしているような気持ちが
あったなら、私が一人で伸び伸びしているように
見えても不思議はないのかもしれません。

人は自分にないものを羨ましがるのかな・・・

なくしてみないとわからないものなのかな・・・

やきもちのようなものを向けられた時、少なからず
悲しい気持ちになっている私がいます。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

今やりたいこと・・・これからやりたいこと

けんちゃんが亡くなったことで、私の価値観は変わりました。
もちろん生活のスタイルも変わりました。

あれほど好きだったダンスも今は踊りたいとは思いません。

ご主人を亡くして、その後、それまでと全く違った道を
歩き出す方もいます。
私は、その気持ちが今は少し分かります。

それまでの自分を否定する気は毛頭ありませんが・・・
今までの自分が全てじゃない。
そんな気持ちがあります。

人間の可能性なんて計り知れません。
それまで自分にとって、これが全てと思っていたことだって
ごくごく一部にしかすぎないかもしれないのです。

私は世間一般でいえば、おばさんという年齢に属しています。
今更、何か新しいことを始めるなんて無理無理〜・・・
なんていう声が聞こえてきそうですが・・・

平均寿命も伸びて、今や80歳位でも元気で活躍されている方も
たくさんいます。
そう考えると、私だってまだまだです。

昨年、体調を崩してから約1年・・・
体調もだんだん回復してきて、最近は自分のやりたいことって?
なんて考えてみたりもします。

そうした時に、不思議とダンスって・・・
出てはこないんです。
むしろ今は踊りたくない。

体調が回復してきたといっても、以前と同じ生活は
無理があるんでしょうし・・・
もっともっと元気になって、体力持て余した時には
踊りたい〜・・・なんて思うのかなあ・・・

今は、これまでやりたかったけれどできなかったこと
ダンスをしていたために、やりたくても我慢していたことを
してみたいと思っています。

そう考えると、けっこういっぱいあるんですよ・・・
やりたいことが。

無理せず、楽しくを心がけてやっていきたいなあ。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

空気で感じる記憶

ふっとした瞬間に過去の記憶・・・
というか、以前こんな空気を感じた・・・
って思う瞬間があります。

昨日の夕方、スーパーへ買い物に行った時のことです。

外は雨でした。
大降りではなく、しとしとと降っていました。

気温が9月の下旬頃の感じで・・・
けんちゃんが亡くなった後、母と買い物に行った時の
感じと似ていました。

私は一人で買い物に来ているのに、母と来ているような
不思議な錯覚に陥りました。

私にとって、けんちゃんが亡くなった頃の記憶というのは
あまりにも凝縮しているのです。

けんちゃんは病気で寝込んでいた訳でもなく、私にしてみれば
本当になんの前触れもなくいなくなってしまったのですから
けんちゃんが亡くなってすぐの記憶というのは何か・・・
こう・・・鮮烈なものがあるのです。

たいしたことでないことでも、その雰囲気に近いものを
感じたとき、私はとてもとても不思議な気持ちに
なってしまうのです。

軽くタイムスリップしてしまったような・・・
アンバランスな状態が生まれてしまうのです。

まだ8月だというのに、このお天気でこの気温です。
9月の命日はまだだというのに・・・

気圧だけではなくて、私の心もアンバランスになりそうです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

万灯会というお祭り

ここ2・3日、高崎では珍しくしっかり雨が降っています。

私は特に用事もないので、家に閉じこもっています。
急に涼しくなって暑さの疲れが出ているのか
眠くて仕方がありません。

昨夜は、高崎の観音様のとこでする万灯会というお祭りが
雨で中止になりました。
雨で中止になるなんて、ここ数年ではなかったことです。

3年前、けんちゃんと私の最後のお出かけは万灯会でした。

観音山の駐車場のところから参道、観音様の足元まで
ろうそくの灯りでいっぱいになる幽玄な雰囲気の祭りです。

お祭りの中にはいろいろな催しがあって、昨年は私は踊りのチームで
参加して踊ってきました。

・・・けれど、その後で体調を崩してしまって・・・

けんちゃんと二人で見た風景がそのままだったのです。

私は、昨年の前半は仲間とたくさんのところに踊りに行って
なんとなく自分はもう大丈夫かもしれない・・・
って思っていたのです。

けれど、けんちゃんと最後に二人で見た万灯会の風景と
同じ風景を見たとき、ガタガタと自分が崩れていくのが
わかりました。

足元をすくわれたような・・・
そこまで崩れてしまうなんて予期していないことでした。

それまで、けんちゃんと一緒に行ったほかの場所に行ったって
大丈夫だったし・・・
けんちゃんを亡くしてすぐの時は、けんちゃんと一緒に行った場所
どこに行っても・・・近くのスーパーだって涙が出てきたんですよ。

昨年は、そんな状態でも踊ってきたのです。
でも・・・次の日のは倒れてしまいました。

けんちゃんと一緒に最後に行った万灯会には
特別な思いがあったのかもしれません。

万灯会は大好きなお祭りですが、今年はそんなわけで
行くつもりはなかったのですが・・・

踊りチームは参加する予定でしたが、私は見に行くのも
よそうと思っていました。

・・・ふっと
けんちゃんが雨を降らせたのかな・・・
私が無理して来たりしないように・・・

なんて思ってしまいました。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

タイミングって難しい・・・

けんちゃんが亡くなった後に知り合った人に、けんちゃんが
亡くなっていることを伝えるタイミングって難しいです。

たいていの人は、私を普通の主婦だと思うわけで・・・

最初のうちは言わないことの方が多かったりします。
けれど、言わないことで、なんとなく不愉快な気持ちに
なることも多いわけで・・・

でも、聞かれてもいないのに自分から言うのも変なもので、
タイミングを逃してしまうことも多いのです。

それに、なんとなく同情を誘うような言い方になってしまうのも
嫌だな・・・なんて、そんなことも考えてしまいます。

さらりと伝えるには、重すぎることなのかもしれません。

けれど、実際、伝えていないことで私自身、不愉快になってしまう
ということはあるのです。

じっくり話ができるような場所でなら、その場で伝えることが
できるのですが、あわただしいような場面で家族の話や
ご主人は?みたいな話を振られると、笑ってごまかしている
私がいたりします。

そんな場面に遭遇すると、家に帰って来てから、必要以上に
疲れている自分がいるわけで・・・

私が間が悪いのか、口べたなのか、困ってしまいます。

タイミングって難しいです・・・


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

お酒を美味しく飲めるということ

体調を崩して以来、ビールも大好きなワインも
おいしいと思わなくなっていました。

お付き合いで乾杯程度飲んでも自分からは
飲もうとは思わなくなっていました。


先日、福岡から帰って来た日、浩一郎と一緒に
近所の居酒屋さんでビールを飲みました。

久々に生き返る程、美味しかったのです。

そして、次の日は浩一郎と夕食の時、ワインを飲みました。
大好きなマテウスのロゼです。

これも生き返る程、美味しくて何杯かお替わりしました。

・・・浩一郎と一緒だったから、美味しかったのかな?
そうとも思ったのですが・・・

昨日のこと・・・
友達がディズニーランドのお土産にミッキーさんの
チョコレートを持って来てくれました。

一人になってチョコレートを食べていたら、急にワインが飲みたくなって
残っていたワインを飲んでみました。

ら・・・
とても美味しいのです。

私、だいぶ体調が良くなって来たんだ・・・
そう思いました。

それでも、ほんとうに元気な時に比べれば、まだまだです。
そう考えると、ビールもワインも飲みたいとも思わなかった時って
どれほど体調が悪かったのか・・・

私も美味しくお酒が飲めるのが健康のバロメーターと言える程の
酒好きではないのですが・・・

飲みたくないとか、飲んでも美味しくないって言う状態は
食欲もないわけで・・・

やはり、美味しく飲めて美味しく食べれた方が良いのです。

飲み過ぎない程度にですが・・・

今年のけんちゃんの命日には、けんちゃんが大好きだった
ビールをあげて一緒に飲もうと思います。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

命日が近づいて・・・

もうすぐ、けんちゃんの命日です。
命日が近づいてくると、なんとなく心がざわざわしてきます。

けんちゃんが亡くなった日のことや、亡くなった前後のことを
思い出すことが多くなってくるのです。

それと、気候も気持ちに大きく関係します。

けんちゃんが亡くなった日は曇りがちで時折、雨もぱらついて
蒸し暑くて、けれど湿気で身体が冷えるよう感じのする日でした。

夏の終わりから秋口にかけては、そんな日が多くなります。

けんちゃんが亡くなった日に、自分の身体が感じた気候は
感覚的な記憶となって、私の中にしっかりと残っているようです。

そして、同じような気候を感じた時、思い出すのです。

人間の肌というのは、思った以上に敏感なものだと思います。

気温や湿気、風や空気
微妙に感じて記憶しています。

目で見たり耳で聞いた記憶よりも深い記憶なのかもしれません。

そうして、けんちゃんが亡くなった日のことや亡くなった前後の
ことを思い出す機会が多くなると、関連して他もことも思い出します。

心のざわざわは、時が経てばそのうちに、想い出を懐かしむ心に
変わっていくのでしょうか・・・


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

心と頭のアンバランス

けんちゃんが亡くなってから一度も切れたことのない
洗面所の蛍光灯が切れました。

ホームセンターで蛍光灯を買って来て取り替えて・・・

こういった作業は嫌いではないので苦もなくできるのですが、
ずいぶん長く切れないでいたものだと思いました。

きっとけんちゃんが亡くなる、少し前に取り替えてくれていたんだなあ・・・

けんちゃんはマメだったので、私が気付く前に取り替えておいてくれたり
していたようで、私は不便な思いをしたことはありませんでした。

家の中の蛍光灯や電球を取り替えたり、何かを修理する度に
けんちゃんがいないことを再認識してしまいます。

そうですね・・・
日常の何気ないシーンの中で、けんちゃんがいないことに
気付くことって多いかも知れません。

そういった時、なぜか私は少し驚いています。
寂しさや悲しさもあるのですが・・・
それ以上に・・・一瞬、なんでいないの?
という疑問が心に浮かびます。

頭では、分かっているのです。
けれど心は何で?の気持ちを持ったままなのです。

そんな心と頭のアンバランスを感じたときは
正直、ちょっと疲れるのです。

なかなかわかってはもらえないのだろうな・・・

亡くなったんだから、いなのは当たり前じゃない・・・
そう言われてしまいそうですが。

そんな心と頭のアンバランスを感じた時・・・
他愛もないシーンで涙が出ることもありますし
身体が重くなって起きていられなくなることもあります。

けんちゃんを亡くしてすぐの頃・・・
昨年の夏頃迄は、そんなアンバランス気付きませんでした。

そして昨年の夏以降は、体調が悪いのは身体の疲労と
精神面の疲労だと思っていました。

けれど、どうやらそんなに単純なことではないようです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

けんちゃんの机

我が家の北側の6畳間は、けんちゃんが書斎のようにして
使っていた部屋です。

けんちゃんは机に向かう時、壁に面して座るのを嫌がったので
机は何故か部屋の真ん中にあります。

私も時々、けんちゃんの机に向かってみて、気付いたことが
あります。

けんちゃんの机に向かって座ってみると、家の中全体が
見渡せるのです。
狭い家ですから・・・

テレビも見えますし、私が台所でちょこちょこ動いているのも
なんとなく見えます。

それに気付いた時、なんとも不思議な気持ちになりました。

けんちゃんは家にいるときはいつも、私を見ていてくれたんだなあ・・・


今もけんちゃんの部屋はレイアウトもそのままになっています。

机の方を見ると、けんちゃんが机に向かっている姿が見えるような
気がすることが度々あります。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

けんちゃんが気付かせてくれていること

福岡までけんちゃんのお墓参りに無事に行って来れたことで
ちょっと自分の体力に自信ができたようです。

昨年の秋口頃の状態ではとてもとても無理だったでしょう。

まだ恐る恐るの挑戦ですね。
でも、様子を見ながらそろりとやってみた方がいいもかも
しれません。

バリバリに無理できる年齢ではなくなったのかも知れませんね。
丁度、年齢的にも変わり目で、それにけんちゃんが亡くなったことや
ダンスのことやいろいろが加わってしまったのかもしれません。

今迄当たり前にやっていたことも、つつがなくできることに
感謝しなくちゃ・・・
なんて思っています。

それから、私を支えてくれているたくさんの皆さんにも
とてもとても感謝だなあ〜

けんちゃんが元気だった頃には見えなかったものが
今、たくさん見えています。

きっと、けんちゃんが私にたくさんの気付きをくれて
いるのでしょう。

そう思うととてもリラックスしてくる私がいます。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

お墓参りも命日もひとつの節目

けんちゃんのお墓参りも終わり、福岡から一緒に高崎に戻って
来ていた浩一郎も今日、帰ります。

私の夏が終わったような気がしてしまいます。

今の時間まだ、浩一郎は呑気に寝ています。

きっと浩一郎が帰ってしまうと、ものすごい脱力感と寂しさが
襲ってくるのだろうと思います。

けんちゃんのお墓参りを無事に済ませる迄の私は、けっこう
緊張しているのだと思います。
昨年・一昨年はこの緊張感に気付いてはいませんでした。

思えば・・・
昨年の夏のお墓参りが済んだ後、けんちゃんが亡くなってから
ずっと続いていた緊張の糸が切れてしまったのです。
だから、その後・・・夏の終わりに私は倒れてしまった。

そうです・・・
昨年・一昨年はずっと緊張していたのです。
昨年の夏に倒れるまでずっと・・・

倒れてしまって、一旦は外に出かける事もできなくなって
しまった私が、福岡まで行って来れたのはすごいことかも・・・

新幹線で移り変わっていく風景を見ながら・・・
「あ〜・・・私、まだ行ったことのない場所がいっぱいあるんだ・・・
旅行にもいきたいなあ」
って思っている私がいました。

けんちゃんのお墓参りも今年は3回目。
そして9月には3回目の命日です。

月日を重ねたからといって、悲しさや寂しさが
減っていくわけではありません。

ただ、節目を経ることで平常時の自分でいられる時間が
少しづつ増えていくような気がします。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 08:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

お墓参り

けんちゃんのお墓は、昨年と少しも変わらない様子でした。

昨年も一昨年も・・・

夏の灼けるような日差しの中
小高い陵を上って行きます。

けんちゃんのお墓がどこか分からなくなる程
同じようなお墓が連なっている中・・・

毎年一度しか行く事もないのに、なぜか迷う事もなく
たどり着く事ができるのです。

お墓の石をしっかり綺麗に洗って、けんちゃんや
けんちゃんのお父さんの名前が掘ってあるところも
綺麗に洗って・・・

お墓の石も灯籠も陽の光を吸収して灼け付くように
熱くなっています。

雑草も取って

年に一度のお掃除です。

汗が滝のように流れます。

お花を少しだけ飾って・・・

けんちゃんは無宗教だったけれど・・・
けんちゃんのお父さんの為にお線香をあげます。

お参りを終えて、降りてくるとなんとも涼しい
風が吹いていました。

お墓にはけんちゃんはいないけれど・・・
その時、吹いた風はけんちゃんだった気がしました。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

お盆に思う

今年もお盆がやってきました。

けんちゃんの命日は9月ですが、とても暑い日でした。
昨年も一昨年も、私はお盆が来ると不思議な気持ちに
なっていました。

けんちゃんが亡くなるまで・・・
私の父も祖父母も他界していますが、お盆という時期に
あまり特別な感情はなかったのです。

けんちゃんが亡くなってから、私にとってお盆は
ひとつの節目のようなものになった気がします。

けんちゃんの命日に近いから・・・
ということももちろんあるんでしょうね。

けんちゃんの魂はお墓にはないということが、わかっていても
私はけんちゃんのお墓参りに行きます。

高崎からけんちゃんのお墓がある福岡・・・正確には筑紫は
正直言って遠いです。

けれど、何か良く分からないのですが、お墓参りに行く事も
大切な節目のような気がするのです。

世の中、まだまだ分からない事がたくさんあります。

死後の世界なんて信じているわけではないけれど
今の私を守ってくれているのは、確実にけんちゃんなんだと
私自身が感じているのです。

私は何事も感覚でしかわからないですが、その感覚は
あながち間違ってはいないと思うのです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

美味しいものを美味しく食べる事のできる幸せ

今の私は、私の周りにいるたくさんの友達に癒されています。

友達と食事に行く事もたまにあるのですが・・・
美味しいお店に食べに行く・・・ということも魅力的なのですが
何を食べるか・・・よりも、誰と食べるか・・・の方が需要なんだ
ということに気付きました。

家では一人で食事をすることが多い私です。

気心の知れた友達とリラックスして楽しく食事したりすると
それだけでお腹がいっぱいになってしまったりもします。

食事って一緒に食べる人やその場の雰囲気で、味の感じ方が
全く違ったりします。

人間の味覚ってデリケートなものなんですね。

そういえば、緊張する相手と食事すると食べた気がしないとか
味なんて全然分からなかった・・なんて話もよく聞きますね。


思い出してみると、けんちゃんが亡くなってしばらくの間
私は食べ物の味が分からなくなっていました。

よく砂を噛むような・・・なんて表現をしますが
まさにそんな感じでした。

そういえば、そんな味のしない・・という感覚は
しばらくの間、続いていたような気がします。

いつも口の中が乾いているような、変な感覚でした。

けんちゃんを亡くしたショックや一人でいる事の緊張や
諸々の思いがあったのでしょう。

でも、その時は、なんで味がしないのかな・・・と漠然と思っては
いたものの、あまり考えはしませんでした。

今、美味しいものを美味しく食べる事ができるようになって
はじめて、あの時は・・・と気付く事ができるんです。

今の私は、食べ物の味が分からなくなる程、緊張するような方と
食事する機会もあまりありませんので、友達と食事する時も
一人で食事する時も美味しくいただいています。

美味しく食べれる事って、ほんとうに幸せな事なんだと思います。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

安心して暮らせる場所

私が高崎に移り住んで、22年になります。
浩一郎が1歳のお誕生日を迎えたばかりの頃でしたから・・・

早いものですね。

高崎に来てからも何度か引っ越しをしたので、今のところに
住んでからは17年です。

私の人生の中で一番長く住んでいるところです。

宅地造成などで少しづつ風景は変わっていくものの
私にとっては一番安心できる場所です。

22年という月日を思うと、高崎が私にとって故郷のようになって
いることは不思議な事ではないですね。

出身校こそありませんが、ここで浩一郎を育てて様々な活動をして
いつの間にか、この土地に根を下ろしていました。

今の私は、高崎で年老いるまで暮らしていきたいと思っています。

先の事は分からないけれど・・・

けんちゃんのお母さんは、なぜ私が高崎に拘るか理解できないようです。
「もうそこには何もないのよ・・・」
と、私に言います。

なぜ・・・??
私の全てはここにあるのに・・・

「新しい場所で人生切り開いていくくらいの気合いがないとダメよ・・・」

はあ??・・・
私にとっては意味不明です。

私は高崎でけんちゃんの想い出に生きているわけじゃない。

けんちゃんのお母さんは、私がけんちゃんのお母さんがいる福岡に
移り住んでくるわけでもなく、かといって私の母のもとに移り住む
わけでもない事が、不思議でしかたないようです。

世代の違いなんでしょうね。

私は自分が一番安心して暮らせる場所で暮らしたいだけです。
安心して暮らせる場所が、今は高崎なんだと・・・
それだけのことです。

今の自分には心の安定が一番大事だと思うから・・・


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

緩い人生だって良いんです。

このところ、眠い時に眠るという当たり前の事が
やっとできるようになりました。

けんちゃんが亡くなってから、寝ている時も神経が起きているような
変な眠り方で神経が休まっていなかったのですが・・・

昨年の夏、倒れてから漢方の治療を受け、ようやく落ち着いて
きたようです。

けんちゃんが元気だった頃から、私は自分の体調には無頓着でした。

無理すればなんとかなる・・・
いつでもそんな風に思っていました。

実際、ちょっとくらい体調が悪くても、頑張っているうちに
治ってしまったという経験はたくさんありますが・・・

これはとても危険なことだったんだな・・・

まさに昨年の夏、踊り狂っていた私は命がけで踊っていたんだ・・・

それは命がけなんかになるべきではないところです。

私はまだまだ、人生楽しみたいですもん。

緩い人生だと思われても良いんです。
熱い人生じゃなくても良いんです。

自分が心地よく楽しめることがベストです。
他の人にとっては大したことないことでも、私がほどほど
満足していれば大・大・大OKです。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

エコで自然体な、けんちゃん

けんちゃんを思い出すとき、けんちゃんはいつも笑っています。
私は怒っているけんちゃんを憶えていません。

部屋に飾ってある、けんちゃんの遺影の笑顔そのままです。

けんちゃんは無宗教だったので、遺影にもいつも着ている普段着の
写真を使いました。
夏に毎日のように着ていたビールのおまけでもらったビールの絵が
描いてあるTシャツを着ています。

けんちゃんはスーツを着る事はほとんどなく、仕事の時は
カジュアルシャツにネクタイそしてジャケットでした。

日立にいた時も特許事務所の時も変わりはありませんでした。

季節によって、シャツが半袖になったり長袖になったり
ジャケットの素材が変わったり、着なかったり

冬場はジャケットの下に暖かいセーターを着たり
ダウンジャケットを羽織ったり

今はエコだとか騒いでいますが、けんちゃんはずっと前から
エコ仕様でした。

寒い時に寒いのを我慢するような服装でいることも
暑い時に暑いのを我慢するような服装でいることも
合理的ではないと考えていました。

自然体だったのかな

自然体だから、いつも笑顔でいられたのかな。
そんな風に思うこの頃です。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

差し替える事のできない時間

けんちゃんが亡くなってから・・・
昨年の夏の終わりに体調を崩してから・・・
私の考え方や生活は、以前とは変わりました。

今の私が、けんちゃんと一緒だったらどうだろう・・・

現実的ではないけれど、そんなことも考えます。


けんちゃんは、結婚してから弁護士を目指し勉強を始めました。
なので、家にいる時は書斎にこもって勉強していることが
多かったです。

私はそんなけんちゃんに特に不満があったわけではありませんでしたが
私達家族の為に頑張ってくれている、という認識ではなく、
自分の夢の為に頑張っているんだと思っていました。

なので、応援するというよりかは、私は私で好きな事をしよう、
という気持ちの方が強かったのです。

私は私で好きなダンスでインストラクターとして活動をしていたので
家を空ける事も度々ありました。

そんな自分の生活を後悔しているわけではないのですが・・・

・・・いや・・・やはり、少しの後悔はあるのかもしれない・・・

けれど、その後悔はけんちゃんがこんなにも早くいなくなって
しまったから感じるものなのでしょう。

私は私でやりたいことをしていたから、けんちゃんも気兼ねなく
自分の夢に向かって頑張れたんだ・・・と、思う反面・・・

私は本当に踊りたかったのかなあ・・・とか
もっとけんちゃんの夢を応援してあげれば良かったなあ・・・とか

差し替える事のできない時間について考えるこのごろです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

絡まった気持ちを解きほぐす作業

このブログを始めてから1年4ヶ月程経ちます。

最初は、けんちゃんが亡くなった前後の事を記憶が曖昧にならないうちに
書き留めておこう、と思ってスタートしました。

こうして、文字にして自分の思いを綴っていると、自分の心の中には
なんてたくさんの思いがあるのだろうと、驚きます。

書いても書いても尽きる事がなく・・・
不思議な程、いろいろな思いが沸き上がってきます。

私は、けんちゃんが元気だった頃、何事もそれほど深くは考えては
いませんでした。
日々平穏に過ぎる事が当たり前で、平穏に過ぎて行く事への
感謝の気持ちも特に意識する事はなかったです。

今考えると、なんともバチ当たりな話です。

どうでもいいような日々の愚痴はたくさんあっても、物事の本質は
見つめていなかった。


けんちゃんが亡くなったことで、私の中の価値観は一転して
しまいました。

今まで、とても価値があると自分で思い込んでいたものが
大して重要なものでないと感じたり・・・
今まで、何気なく当たり前だった事が、とても大事な事に気付いたり・・・

そのギャップに正直、自分自身がついていけなくなっていました。

歳をとってだんだんと経験していく変化を短期間で経験してしまった
ような感じがしています。

だからといって、達観しているわけでもなく、大人になった
というわけでもなく・・・
むしろ、以前よりわがままになった自分の存在もあったりで・・・
なんともアンバランスな状態です。

こうして、書いていると、自分の中の絡まった思いを解きほぐして
いっているような気がします。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

キュウリとトマトと、けんちゃんと

けんちゃんの誕生日は夏でした。

生まれも育ちも九州なので寒いより暑い方が好きでした。

けんちゃんは、私が作った料理はほとんど好き嫌い無く
食べてくれたのですが・・・

どうしても食べれないものがありました。

それは、キュウリとトマト。

夏の野菜といえば、キュウリとトマトでしょう。
夏生まれの、けんちゃんがキュウリとトマトを食べれない
というのは、私にとってはとても不思議な事でした。

夏のサラダなんて、キュウリとトマトのサラダ・・・
ってメニューがあるくらいですから。

キュウリとトマトの味には異常に敏感で、ちょっとなら大丈夫だろうと
思って、知らんぷりして混ぜてしまったりしたら・・・
さあ、たいへん。

姿が見えなくても、味でわかってしまって
けして食べません。

だから、我が家のポテトサラダにはキュウリは入っていませんし、
夏に美味しい冷製トマトのパスタなんてとんでもありませんでした。

私はキュウリもトマトも大好きなので、お昼などにこっそり
一人で食べていました。

不思議なもので、けんちゃんが好きだったものは、もちろん懐かしく
けんちゃんを思い出すことのできるものなのですが・・・

嫌いだったものというのも、妙に懐かしくけんちゃんのことを
思い出すものなのです。

今は何でも一年中店頭に並んでいるご時世ですが
やはり旬というものはあります。

夏になり、キュウリとトマトの季節になると
ちょっとコメディータッチのけんちゃんを思い出している
私がいます。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | けんちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

感情のキャパシティー

けんちゃんが亡くなった後、私は何かに引き合わされるように
いろいろな方と出会いました。

それは、必要な時に必要な人と出会うといった感じで
とても不思議なものでした。

まるで、けんちゃんが私の様子を見ていて、引き合わせてくれている
ような気さえしました。

けんちゃんが元気な頃から知っている方が、けんちゃんが亡くなった後
それまでとは全く違う形でサポートしてくれたり

不思議なほどその時々に応じて、私はたくさんの方に助けてもらっています。


けんちゃんを亡くした後の3年。
私としては無我夢中で過ごして来て、正直何がなんだかわけがわからない
ような3年でした。

けれど、この3年は私が生きてきたそれまでの中で
もっとも重い3年間だったのではないかと思うのです。

おそらく、後にも先にもこんな日々はないだろうと・・・

悲しく辛い日々?

いえ、そんな言葉では表すことはできません。

悲しいという事も辛いという事も事実ではあるけれど
私は終始、悲しくて辛かったわけじゃない。

それまで経験した事がない程、嬉しかったり幸せを感じる
時間もありました。

だから複雑なんです。

感情のギャップが激しすぎる。

そのギャップは私の感情のキャパを超えてしまっていました。
感情のタコメーターが振り切れてしまうような・・・

何かに振り回されているような感覚でした。

いろいろな体験をすると人間の幅がでかくなるとか言いますが
もしかしたら自分が受け入れられる感情の幅が広がる・・・
という事なのかもしれない・・・





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 08:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

疳と勘

私は小さい頃「疳の強い子だ」と言われていました。
夜泣きもけっこうしたそうです。

私は今でもなんとなく嫌な予感がしたり・・・
虫の知らせみたいなもので、これはどうしてもやりたくない・・・
といったことがあったりします。

小さい頃の疳の強さも、これと同じだったんだ
ということに最近気がつきました。

危険予知みたいなものだったのでしょう。

疳というより勘と言った方がいいかもしれません。

けんちゃんと結婚してからの私はそういったことは
全く忘れて暮らしていました。

ところが、けんちゃんが亡くなってから、この勘というものを
また感じるようになったのです。

ただこれは、予言や予知と違ってはっきりと何と説明できるもの
ではなく、全くのニュアンスなんですが・・・

人の感情が渦になって見えたりもします。
この渦になって見える感情はたいていは良くない感情です。

思惑や嫉妬といったマイナスの感情です。

小さい頃の私も今の私も、この感情の渦からはできるだけ
離れるように心がけます。

マイナスの感情の渦は時にとてつもないパワーを発するのです。

私がやりたくないとか嫌だな、と感じることと、マイナスのパワーには
大きな関係があるようです。

思惑というのは時に大きな間違いを引き起こします。

人は自分の思惑で人を動かそうともします。
思惑は依存する心だとも言えると思います。

自分の思い通りになることは自分のことだけなのに
大義名分をつけて人を自分の思惑で動かそうとしたところで
それは依存以外の何物でもないのに・・・

けんちゃんがいなくなった事で、私は自分自身を守ろうと
しているのかもしてないし・・・
私だけの勘ではなく、けんちゃんが私を守ってくれているの
かもしれない。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

自分を見つめる一人の時間も良いものです

こうしてブログを書いていると、今まで見えていなかったものが
見えてくる時があります。

忘れていた自分を思い出す時があります。

いつも誰かと一緒でも自分を見失わない人もいると思いますが、
私は一人になる時間がないと物事をみつめるという事が
できないようです。

けんちゃんが亡くなってから寂しさも手伝って、人とともに過ごす
時間が多くなっていたような気がします。

周りの皆も気遣ってくれて、私を一人にしないように
していてくれたのかもしれません。

ただ、私は人と一緒の時は常に気を使ってしまって
気が休まるという事がないような気がします。

そんな自分を変えろと言われても無理な話で
これは私の性分なので仕方なのです。

・・・仕方ないと開き直れるようになったのも
つい最近の事ですが・・・


私にとって、人との適度な距離を保つのはとても大事な事です。

こんな私ですから、私の全てを受け入れてくれていた、
けんちゃんを亡くした事のダメージは、周りの人が見ている以上に
大きかったのだと、今になると改めて思います。

人と一緒の時間は、良くも悪くも人の影響を受けます。
少なくとも私はそうです。

楽しく元気づけてくれる時間も多いのですが・・・

ちょっと消耗してしまったな・・・と思う時は
一人になって自分を見つめたりリラックスできる時間を
持つと、気持ちが解放されます。

寂しくなるほどの一人の時間はよくないけれど
自分を見つめるくらいの一人の時間は良いものだ・・・

そんなふうに思います。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

大切な人を亡くした悲しみは、乗り越えるものじゃない・・・

悲しみは乗り越えるものじゃない・・・

私は最近、そう思います。

悲しみを乗り越えて・・・
って言葉はよく聞きますよね。

乗り越える悲しみもあるのでしょう・・・
けれど、大切な人を亡くした悲しみは
乗り越えるものじゃない。


怪我をしたり病気になった時
普通はお薬を飲んだり、なんらかの治療をします。

大切な人を亡くした時も同じだと思うのです。

経験した事のない多くの人は、根性論を持ち出したり
打ち込めることを見つけるようにすすめたりします。

けれど、それはもうひとつ先のリハビリの段階に
入った時に言える事だと思うのです。

生身の傷があるうちにそんなことしたら逆効果です。

治るものも治りません。

私は・・・まだ傷がパックリ開いている時に
一生懸命リハビリしてしまったみたいです。

怪我や病気は、だいたい決まった治療法やお薬があります・・・

けれど、大切な人を亡くした悲しみ・・・心の傷には
コレ!といえる特効薬はありません。

乗り越えるというよりは、再生していく自分を待つ・・・

傷が塞がり瘡蓋がはがれ落ち、新しい自分が顔を出すまで
待つしかないのだと・・・








banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。