スポンサード リンク


2009年01月29日

心と身体と気持ち

最近、臆病になっている自分を感じます。

体調を崩したことで、また具合が悪くなったら嫌だな・・・
とか、精神的なダメージも極力避けたいという思いから
なんとなくいろいろなことに、腰が重くなっています。

けんちゃんが元気だった頃やけんちゃんが亡くなった
直後の行動力はどこへ行ってしまったのか・・・
不思議です。

ただ・・・
けんちゃんが亡くなった直後は、感覚が麻痺していたので
比較しない方がいいのかもしれません。

自分の心が少しづつ外へ向かっていて、なんとなく
ソワソワしているんですが、この臆病な心とのギャップが
生じてきているみたいで、ちょっと心地悪いです。

折り合いがつくところがあるのかな?
時間とタイミングなのかな・・・
とも思っています。

焦る必要はない、と思いながらも、心はすこ〜し急いているようです。
たぶん、季節とかも関係しているのかな。。

私は生まれたのが春なので、梅が咲くくらいの季節は、毎年
なにか新しい良いことが始まりそうな気がしてしまうのです。

気持ちと心って違うんだな・・・って思います。
身体と心はつながっているような気がするんですが
気持ちは、なんとなく単独行動です。

今まで、そんなことは感じたことはなかった・・・
気持ちが身体や心を動かすような気がしていたけれど、
気持ちがあっても動けないってこともあるんだなあ・・・

それは、身体や心がまだスタンバイOKになってないから?

焦るな・・・ってことかな・・・


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

「踊れなくたっていいじゃない。あなたはあなたなんだから」

けんちゃんが、亡くなってから、つい最近までの私は
けんちゃんが元気だった頃と同じ私に戻ろうとしていた
ような気がします。

周りの皆もそれを望んでいました。

けれど、よく考えてみれば、それは無理なことです。

けんちゃんがいない・・・というのは、もちろん大きな原因です。
けれど、もし、けんちゃんが元気だったとしても、年齢的なこと
心のことなどで、それまでと同じにできなくなってしまうことは
あり得ることです。

それに・・・人間って、常に進化していると思うんです。
今までと興味の対象が変わってしまったりすることも
あるでしょう。

置かれている環境が変わると、価値観が変わることも
あるでしょう。

私にとって、けんちゃんが亡くなったということは、世界が変わる
程の大事件でした。

価値観だって、変わったって不思議はなかったんだなあ・・・
今になると、そう思います。

自分が、けんちゃんが元気だった頃の自分みたいに元気に
なりたい・・・という思いと、周りの人の、前の私に戻って
欲しいという思いは、大分ズレていたような気がします。

このズレも私を苦しめていたんだなあ・・・
とも思います。

先日、テレビでドラマ「トンスラ」スペシャルを見ていて・・・
吉高由里子さん演じるベストセラー作家・柏葉ミカが原稿が
書けなくなってしまって、担当編集者・ヤブを監禁する・・・
みたいな話しなんですが。
ちょっと突拍子もない話しではあったのですが。

書けないことでミカはとても苦しんでいるわけなんですが、
最後、ヤブが「書けなくたっていいじゃないですか。あなたは
あなたなんですから」って言うんですよ。

ヤブは温水洋一さんが演じていたのですが、この言葉に私まで
癒されてしまいました。

そうして、私の回りを見渡してみると「踊れなくたっていいじゃない
あなたはあなたなんだから」って言ってくれるヤブみたいな友達も
たくさんいることに気付きました。

私が何をしていても見守っていてくれる人も沢山いるんだ・・・

ズレやストレスってどうしてもクローズアップされがちに
なってしまうんです。

でももしかしたら、それはほんの一握りのことなのかもしれない。

ズレやストレスは気になるし、どうしてもそこに気持ちが行きがち
だけれど、それはもったいないこと・・・

春みたいに暖かい日、そんなことを思いました。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ソワソワしたような不思議な感覚

このところ、寒い日があったり、春みたいに暖かい日があったり。
空気も土も動き出した感じがします。

昨年も一昨年も、この空気の変化をあまり感じることが
できませんでした。

昨年は、自分の体調のことでいっぱいいっぱいでしたし。
一昨年は踊り関係のことでゴタゴタしていました。
その前は断りきれずに何故か保険屋さんになっていました。

季節の変化を感じたり、空気の気持ちよさを感じたり
そういったことが、私にはとても大切なんだと思います・・・

仕事での人間関係のちょっとしたことならまだしも・・・
趣味の人間関係のゴタゴタなんてどう考えても必要ないです。

そういったものと離れて、少しづつ外に目がいくようになって
きた私がいます。

新しい人間関係やまだ知らない場所を見ていたい・・・
という気持ちも生まれてきました。

だいぶ回復して来たのかな、とも思いますが・・・
無理は禁物ですが。

けれど、なんとなくここ何年かとは違い、ソワソワしたような
不思議な感覚になっている私がいます。

自分がワクワクする方向へ進んでみようかな。。
そんな私がいます。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

何をしていても私は私です

けんちゃんは、私が踊っている姿が特に好きというわけでは
ありませんでした。

踊っていようが歌っていようが、何をしてようが、私が元気で
楽しく笑っていることを望んでいてくれていたのだと思います。

人は、これだけが自分の道なんてことは、ないんだと思います。
年齢や経験、おかれている境遇などで変化していくものだと
私は思っています。

ある時は、とても興味があり打ち込んでいたものに対して
興味を失うことだってあります。

今、踊らない生活をしていて、心の平安を感じている自分がいます。

私も最近まで気付かなかったのですが・・・
以前、お話したKさんと話している中で感じたことなんです・・・

私は、けんちゃんが亡くなった後、踊る時いつも後悔していたのです。

なんで、私は踊っていたんだろう?
けんちゃんを放っておいて、なんで踊っていたんだろう?

踊りながらも、常にこの後悔はあったのです。

スタジオでの、最後の辞め方が悲惨だったことも関係があります。
あんなことのために、私は倒れてけんちゃんに心配をかけ
けんちゃんとの大事な時間を無駄にした・・・
そう言う思いが常にあったのです。

あんなスタジオ代表の雑用のために、けんちゃんとの大切な時間を
搾取された・・・そういう思いがいつもあるのです。

私は大人ですし、自分の行動は自分の責任ではあります。
・・・が、そうは言っても後悔はあります。

今の踊らない穏やかな生活は、私をかぎりなく癒してくれる。

何をしていても私は私です。

人とのつながりは、その人自身とのつながりを大切にしたいです。
踊っていなければつながれない人とは、本当のつながりはない
と思うのです。

私が何をしていても、つながっていてくれる・・・
そんな、人間関係を大切にしたいです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

真実は、饒舌ではありません

「あなたの為を思って・・・」けんちゃんが亡くなってから
何度となく耳にした言葉です。

この言葉には、なんとも困った響きがあります。

今の私は「あなたの為を思って・・・」と言われて、何かに誘われても
自分が嫌だと思えばお断りできます。

けれど、けんちゃんを亡くした直後からしばらくの間は、無理でした。
こう言われると、相手の気持ちを優先しなくてはいけないような気が
してしまいました。

何より、自分自身も不安がいっぱいだったのだと思います。

けれど、今の私が思うに、本当に私の為を考えてくれる人は
「あなたの為を思って・・・」なんて言いません。

「あなたの為を思って・・・」という言葉や態度、これはもしかしたら
究極の押しつけかもしれません。

断れなくなっちゃうんですよね・・・
気持ちが弱くなってる時にそう言われると。

自分の浅い経験から、私を元気づける策を巡らせた人もいました。
けれど、心を元気にするのは策ではありませんから・・・
こうしたら・・・こう感じるだろう・・・
こうすれば・・・悔しいから、頑張るだろう・・・
それが私にあてはまるものではない場合が多いでしょう。

確かに、「あなたの為を思って・・・」というのが、全て悪いわけでは
ありません。

けれど、思ったような結果が得られなかったからと言って、私が
悪いわけではない。。。

「あなたの為を思って・・・」くれた人の利害が絡んでいることも
多いのです。
だから、うまくいかないと機嫌を悪くする。

利害があるのなら、最初からそう言った方がいいのです。
そうすれば、嫌ならなんの迷いもなく断れる。

体裁の「あなたの為を思って・・・」なんて必要ないです。

今になって、いろいろ見えてくるものもあります。

こうしたことが少しづつわかってきて、私のまわりの大切な人達の
存在も見えてきます。

真実は、饒舌ではありません。
静かで温かな心の中に、真実があることが多いです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

もう、後悔はしたくないです

正直言って・・・
私は、後悔しているんだと思うんです。

けんちゃんが元気だった頃、スタジオのことで家を留守にして
家族で過ごしたい・・・本当はそう思う心を感じない振りをして
スタジオに向かったことを。

後悔したって、けんちゃんが戻ってくるわけではないし・・・
けんちゃんとの時間だって戻ってくるわけではありません・・・

私は、けんちゃんとの時間はまだまだたくさんあると思っていました。
こんなに早くけんちゃんがいなくなってしまうなんて、思っても
いませんでした。

でも・・・
これは、日々の心構えです。

今日という一日は、もう戻ってこない。
私の人生だって永遠ではありません。

けんちゃんがいなくなって、初めて私はそう実感しました。

人の時間や労力を搾取する人もけっこういます。
そういう人達は、私のような・・・
扱いやすかった人間が、自分を主張するようになると
途端に批判してきたりもします。

けれど、私が一番考えなければいけないのは、後悔しないように
生きる、ということです。

自分は今誰と一緒にいたいのか?
自分は本当はどうしたいのか?

できるだけ、自分の気持ちに正直に生きていきたです。

そうすることは、けして自分勝手ではないと思います。

もう、後悔はしたくない。。から。。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

自分の為に生きたいんです

けんちゃんが亡くなって、それほど経たないうちから
周りに動かされるように、いろいろなことをしてきた
私ですが・・・

結局は、倒れてしまって初めて自分に戻って・・・

今思うと、それでよかったんだと思うのです。
やらない方がいいことを知ることができました。

やってはいけないこと、自分には向いてないこと
いろいろ勉強になりました。

自分を信じなくてはいけないなあ・・・
そんなことも痛感しました。

できるだけ短い時間にコンパクトに的確に私にいろいろな
ことを教えてくれた時間だったのかも知れません。

私は、自分の心の中にこうしたい・・っていう気持ちがあっても
何故か人の意見に従ってしまうようなところがありました。

周りの人も私は従順な人間に見えるようで、何故か意見を押し付けて
くることが多かったのです。

私は、一人では決断ができないように思われてたのでしょうか。
・・・たしかに、けんちゃんが亡くなってしばらくの間は、
そうだった、かもしれません。

けれど、不思議なことに私に嫌だ・・と言う感情があることを
信じられないと思う人もいるようで・・・

私は、そんなになんでもかんでも受け入れてしまっていたのでしょうか。

・・・私にも、嫌だ・・・という感情があるんですよ。

そして、嫌だと思ったら、絶対にやりたくない。
そんな頑固さがあるんですよ。

世の中、自分の思いを前面に出して、自分のやりたいことをして
やりたくないことは、人に押し付ける人もいます。

私は、押し付けられるタイプだったのかも知れません。

けんちゃんが元気だった頃の私も・・・
人に頼まれると断れない方でした。

私が役に立つのなら・・・とか、思ってました。

でも、やりたくないことって、誰でも本当のところやりたくないんですよ。
自分の大事なこと、楽しみにしていることを犠牲にして人の為に
やりたくないことをするなんて、変です。

私は、そんな変なことをずっと長いことしてきました。

そうしているうちに、自分がやりたいことがわからなくなってきて
だんだん、本当の自分がわからなくなってくるんです。

わからなくなってくる・・・というよりか
抑圧されてくる、という感じです。

それが、どうにもならなくなった時、私は倒れました。

私は奉仕の人なんかじゃない。

私だって自分の為に生きたいんです。

それが、これからの私の生きる力になる・・・
そんな気がします。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

緩い自分を認めよう

今日は本当に寒かったです。
寒さのせいか、夕日がとてもきれいでしたね。

最近、家にこもっていることが多いのですが、今日みたいに
夕日がきれいだったり、暖かい日歩いていて景色がよかったり、
そういうことに敏感になりました。

けんちゃんが亡くなって、4ヶ月くらいに保険屋さんになったり
その後はすぐ化粧品屋さんになったり。
そしてその後もダンスを始め・・・

私はゆっくりしている時間がなかった・・・

倒れてしまって初めて、ゆっくりする時間が持てました。

前回の記事に登場したKさんが言いました。
「ダンスを始めない方が、早く元気になったと思うよ・・・
でもね、元気になりかけた時にダンスを始めて具合悪くなるより
よかったんじゃないかな」

私もそう思います。
倒れてしまったことで、自分のなかで方向転換が必要なことを
しっかりわかることができたからです。
年齢的とかということだけでなく、自分にとってダンスが必要か
必要でないか。

倒れた私は、必要ない・・・ということに気付きました。
というのは、それまでと同じダンスとの関わり方が必要ない・・・
ということです。

今は、踊りたくない気持ちでいっぱいなんですが、もしかしたら
後何年かして、踊りたいって思うかもしれません。

けれど、その時はこれまでとは全く違った関わり方になるでしょう。

今の私に必要なのは、穏やかな日常とほわっと楽しい時間です。

自分の穏やかな生活を犠牲にして一生懸命稽古して、プロのような
踊りを人に見せることは、今の私には必要ない。

それに、穏やかな生活を求める心を、緩い人生だと批判される道理もない。

緩い人生、大いにけっこう。

私は、自分で手枷足枷付けてしまうクセがあるようです。
始めたら一生懸命頑張らなきゃいけない・・・って、心のどこかで思って
いたのかもしれません。

そして、自分には合わないとかちょっと違う・・・苦しいと思ったとき
やめたり離れたりしたとき、自分が悪いとか自分が至らないとか、思う
必要もない・・・

私は、倒れてしまうまで、自分を高めたいと思っていました。
途中で辞めたり思ったような結果が得られないのは、自分の努力が
足りないとか自分が至らないとか、そんな風に感じていたのだと
思います。

もちろん、周りも私が頑張ることを期待しました。
その期待に応えたいと思う私もいました。

今の私は、緩い自分を認めようと思っています。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

自分に引き戻してくれる大切な存在

一昨日の夜、時々電話で話しを聞いてもらうKさんと話しました。

Kさんは、私にとっては、カウンセラーのような人です。
彼女と話しているといつも思うのですが、自分が受け入れられてる感覚
って、とても大事なものだと思うのです。

悲しい気持ちの時に、「悲しんでばかりいてはいけないよ」と言われたら
それは、悲しい気持ちを否定されていることになるような気がします。

悲しんでいる自分も否定されているような気がしてしまうかもしれ
ません。

彼女はいつも、その時の私の気持ちを見ていてくれます。
悲しんでいたり、辛かったり、そんな気持ちもそのまま、見ていて
くれます。

ただ、その時の状態をそのまま見ていてくれる。

否定も肯定もしない。

自分の気持ちの持ち方で、悲しみや辛さが消えるのならば・・・
私だってもうとっくに消えてるはずです。

悲しみや辛さというのは、今現実に自分が感じている気持ちです。
この現実は、気持ちの持ちようとかでは、目を反らすことができない
ことなんだと思います。

彼女と話していると、自分の本当の気持ちに気付くことができるんです。

なんとなく、心の中にモヤモヤしたものが生まれると、彼女と話したく
なります。

そして、話していると、自分の気持ちと違う方向へ行動しそうになって
いる自分に気付いたりします。

モヤモヤは葛藤だったり、摩擦だったり、トラウマだったり・・・

私以外の人にとって、私の気持ちはどうでもいいってことたくさんあると
思います。おそらく、そういう人の方が多いのでしょう。

ほとんどの人は自分の気持ちが優先です。
だから、私は元気でいることを求められていたわけですし・・・

私が元気でいれば周りが安心する・・・

深い悲しみを経験したことがない人は、それがどの程度のものかわかり
ません。仕方のないことです・・・

だから私にとってKさんはとても大切な人です。

私自身も自分の気持ちを素直に感じることができなくなってしまう時が
あるから・・・
自分に引き戻してくれる彼女の存在は本当に大切です。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

悲しくって当たり前

先日、ドラマ「ありふれた奇跡」を見ていた時のこと・・・
陣内孝則さん演じる自殺しようとした男に、塩見三省さん演じる
お巡りさんが「ほんとうの悲しみは心に届くまでに時間がかかる・・・」
というようなことを言うシーンがありました。

ドラマの中の一場面ではありましたが、その言葉は核心をついている
と思いました。

大切な人を亡くした時、その大きすぎる悲しみはどんなふうに心に
入って良いかわからないかのように、心を麻痺させ覆いかぶさり
じわじわと心の中へ入り込んでくる・・・
そんな気がします。

大切な人を亡くしてすぐも、少し時間が経ってからも、悲しみの大きさに
変わりはありません。

生きてゆく中、いろいろな体験で心の幅が広がっても・・・
やはり悲しみ大きさは変わらないと思うのです。

心の幅の広がりで、比率や位置が少し変わっても・・・
悲しみ自体の大きさは変わらないと思うのです。

悲しくってもいいんだなあ・・・

何年経っても悲しみを引きずってるなんて思う必要ないんだなあ・・・

悲しくって当たり前なんだ・・・

最近、そう思っています。





banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

浩一郎が東京に行ったばかりのころ

最近、浩一郎が東京に行ったばかりのころを思い出します。

武蔵美に行きだしたばかりのころ、一人暮らしを始めた浩一郎の
ところに、けんちゃんと一緒に行った時のこと・・・

生活に必要な物を買う為に、新婚時代に行ったホームセンターに
行ったり・・・

最初に行った時は、車に荷物を積んで行くので私は電車で行くように
言われて・・・国分寺の駅に降りた時の懐かしかったこと・・・

新婚時代、私の帰りがけんちゃんより遅くなると、けんちゃんは
国分寺駅の北口に迎えに来てくれました。

新しいお店ができてもいますが、北口の雰囲気は今も変わって
いませんでした。

けんちゃんは、とても子煩悩だったので、浩一郎と離れるのは
とても寂しかったと思います。

もしかしたら、私が寂しいと思った以上に、けんちゃんは寂しかった
んじゃないだろうか・・・と今になると思います。

浩一郎が東京へ行った約5ヶ月後に、けんちゃんは亡くなったわけですが。

この5ヶ月間の間に、何回浩一郎のところへ行ったかな?
毎週というわけにはいかなかったけれど、浩一郎のところへ行くとき
けんちゃんはとても嬉しそうでした。

そして、なんでかこの5ヶ月間は、今思うとなんとも不安定な感じの
不思議な時間でした。

今まで、家族3人で楽しく暮らしていて、浩一郎がいない生活が安定するには
もう少し時間が必要だったのでしょう。

ちょっと切ない時間だったなあ・・・と思います。
浩一郎のところから帰ってくる時、夜の関越を走るのはなんとも寂しい
ものでした。
暖かくなり始める季節なのに、何故か妙にひんやりしていて・・・

思い返すと、その時には気付かなかったことが見えてくることもあります。
思い出を振り返ることは、けして悪いことじゃないと思います。

そこから、今の自分が学ぶこともあるんです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

YESだけが私の答えじゃない・・・

何かを決めることに時間がかかる自分になって、思うことが
あります。

私が何かを決断しようとし・・・そんなに大袈裟なものでなくとも
決めることに少しの時間がかかるとき、イライラした顔をする人が
います。

そのイライラした感じは、態度だったり顔つきだったりするわけ
なんですが。

私は、こういう人には少し気をつけないといけないなあ・・・
と最近、漠然と思うようになりました。

決めるのに時間がかかるっていっても、延々何時間もかかるわけじゃ
ありません。
ちょっとしたことなら数分です。

大きなことを決める時は、何日・・・とかかかることもありますが・・・

大抵の場合、イライラした感じを感じるのは、ちょっとしたことです。
数分が待てない人がなんと多いことか。

・・・私は、今まで即答でYESを言うことしか許されたいなかったんだ
と思います。

そして、イライラした感じの人は、私が即答でNOを言っても不愉快な
顔をします。

数分待たされることも、NOを言われるのも嫌な人達・・・
もしかしたら・・・彼らは思いのほか我侭者なのかもしれません。

私は、もうそういう人達の顔色や機嫌を伺う必要はないんだ・・・

顔色や機嫌を伺ってたつもりは、正直ないんですよ。
ただ、嫌な気持ちにさせたくなかった・・・

でも、そのことが私を嫌な気持ちにさせていることも多かったのです。

私のしたいようにして良いんだ・・・

もしそれで何かを言う人がいても、その人は待つこともNOをいわれるのも
嫌な人なんだから。

私は、人の都合の為に生きてるわけじゃないだもの。
YESだけが私の答えじゃない・・・




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 16:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

自分の心としっかり対話したいです

昨年一年間、私は何故かほとんど記憶がありません。

何もしなかったわけではないんですよ。

何かをしていても、それは私がしたいからしていた、という
わけではなく、やらなければならないから、していたのでしょう。

ただ、機械的に動いていただけでした。

何かをしたいとか、楽しいとかいった気持ちはほとんどありませんでした。

できれば、仲の良い人以外の人と関わりたくなかったし・・・

それは、今もあるかもしれませんが。

押し切られそうになる人間関係は極力避けたいのです。

正直、今の私は何かを決断するのにも時間がかかります。
二つ返事というわけにはいきません。

以前の私は・・・断らない人だったのだと思います。
基本的に断らない・・・

けれどそれは、私にとって非常に良くないことでした。

常に自分の気持ちに問いかけることが、疎かになっていました。

自分の気持ちに問うと、ほんとは嫌なのに・・・
ということが、なんとたくさんあることか。

子供みたいに「私は嫌!」といって突っぱねられれば、楽なのかも
しれないけれど、その後のことも考えれば、相手の人を嫌な気持ちに
させてはいけないなあ・・・なんてことも漠然と考え、方便を
使ったり、濁したものの言い方をしてしまったり。

それも、けっこうストレスになったりします。

これは、今年の私の課題ですね。

気の進まないことをストレス感じないように上手に断る方法。

なんにつけても、自分の心としっかり対話していきたいです。

私は、どうしたいのか・・・どう感じているのか・・・
それがポイントかもしれません。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

自分の為に自分が納得できるように生きていきたい

何気なく、You Tubeを見ていたら「人生に疲れた人へ」という
動画があって、見てみると加藤諦三さんの言葉が音楽にのせて
流れてきました。

その中の一節に
「生きることに疲れたあなたは、今静かに休んでよい。
周囲の人に迷惑をかけても、とにかく休もう。
いまあなたが静かに休むことで、あなたを蔑視する人がいれば
その人はあなたが頑張っている時に、あなたから搾取する人である。
そんな人と関係が切れてよかったと思うことがあなたのためになる」
という言葉がありました。

この言葉を見た途端、私はボロボロと涙を流していました。

私は、たぶん人生に疲れたという状況ではないと思うのですが・・・

けんちゃんが亡くなってからずっと、休んでいると批判されるのは
なんでだろう?・・・と思っていたのです。

休むことで迷惑をかけているわけでもないはずなのに・・・

搾取・・・というと大袈裟ですが・・・
私の場合、相手にとって当てにしていた予定が狂う・・・
とか、私が元気で頑張っているとその人が安心する・・・
という感じなんだと思います。

それはその人の問題で私には関係ない・・・のかもしれない。

・・・本当は、元気でないのに無理して頑張っているほうが心配ですよね。

けんちゃんが亡くなってから、私に頑張ったね・・・といった言葉を
かけてくれた人は、片手の指の数にも届きません。

ほとんどの人が、もっとガンバレ・・・もっともっと頑張れ
と言います。

おかしくならない方が不思議だったのかもしれません。

人の為に元気になるわけじゃない・・・

一番元気になりたいのは、自分です。

生き生きと生きて行きたいと切望しているのは、私自身です。

これからは、批判する人の視線や言葉を気にせず、自分の為に
自分が納得できるように生きていきたいです。

参考まで
You Tube 人生に疲れた人へ 其の参



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

楽しい気持ちを大切に

大晦日の夕方、帰ってきた浩一郎は、今日はもう東京に戻りました。

お正月の3日間、楽しかったです。

そういえば・・・
昨年の私は、楽しかったという感覚がありませんでした。

浩一郎が帰ってしまうとき、寂しい気持ちでどうにもしょうがなく
涙が流れてきて変な感じで・・・

やはり、昨年の私は、とても不安定だったのだと思います。

何をしていても、心と身体がついていかない。。
そういう時は、休むのが一番なんですが、休んでいると罪悪感に苛まれ・・・

変な話です。

何の罪悪感に苛まれていたんだか?
今となっては、意味不明です。

私は私を生きていなかったのかもしれません。

自分が疲れたら、休んだって普通なはずです。
仕事などに支障がなければ、休んでいいはずなんですよね。

けれど・・・いつまで休んでるんだ・・・みたいな周囲の声に
おちおち休んでいられない私がいました。

それは、きっと以前からだったのでしょうね。

けんちゃんが亡くなってすぐからだって、周囲は私を休ませては
いけないとばかり、何かを要求してきました。

・・・私も自分自身、どうしたいのか?ということも、わかっていなかった。

そんなことも、考えられなかったのです。

だから、周囲の声に敏感でもあり、周囲の声に応えてしまう私が
いました。

周囲の人だって、それぞれに私のため・・・を考えてくれたのでしょう。

けれど、人は私のどのくらいを理解してくれているかといえば・・・
ほとんどわかってはいないでしょう。

どのくらい、私の心と身体がバラバラになっているか、なんて
わかるわけはありません。

けれど、以前のように動くことのできない私を批判してほしくはないです。

それって・・・けっこう傷つきます。

・・・周囲の人は、短気な人が多いです。

そんなに早く復活できない!つーの。
って感じです。

ご主人を亡くしてから・・・奥さんを亡くしてから・・・
人嫌いになる人の気持ちがちょっとわかります。

今の私は、人の為に何かするより、自分の為に少しづつ動きたいです。

・・・私って、人の役に立つことをしたい人だと思われているようです。
自分に余裕があれば、それもありなんですが、それって強要される
ことではないですよね。

できないからって、批判されることでもないはず・・・

私は、やっぱり、いい人だったんだ・・・

自分の楽しいより、人のため・・・
それは、違うよ・・・

・・・だから私は、楽しい気持ちも感じられなくなっていたの
かもしれません。

お正月、浩一郎と過ごして、忘れていた楽しい気持ちを感じました。
楽しいって、幸せだな、って思いました。

自分が楽しいとか気持ち良いとか、感じることを大切にしたいです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

ふわりふわり生きていく

新年を迎えて、すこ〜しだけ今までの自分と違った自分がいます。

今まで、霧の中にいたみたいだなあ・・・
と思います

私は、とても不安だったのだと思います。

けれど、不安なのは当然のことだったと思います。
あんなに急にけんちゃんがいなくなったのですから・・・

面白いもので、私の心の中の不安の種に、なぜか周りの人は
不安が育つ魔法の粉みたいなものをかけていくんです。

実際には、そんな光景は見えません。
あくまでイメージです。

不安が育つ魔法の粉・・・というより
もっと不安にな〜れ・・・って呪文でしょうか。

不安な気持ちというのは、ほんのちょとしたことで
助長されるものです。

そして、不安と癒しの関係を感じました。

自分が癒されると不安が消えていくのです。

癒されるとリラックスして、心も身体も暖かくなります。

今年は、できるだけ自分を癒して、ふわりふわり生きていこうと
思っています。

根性とか一生懸命頑張るとか・・・
やめようと思います。

私は十分頑張ったし、けっこう大変だったと思います。
周りには、そう見えなくてもね・・・

昨年の体調なんて、本当にひどいものだったし。

何気なく暮らし生きることだけで、精一杯な時だってあります。

自分が打ち込めることに頑張る・・・なんてできない時だって
あるんです。

けれど、私はそんな生活に不満を持っていたわけじゃありません。
というか・・・不満を感じる余裕もなかった・・・ということです。

今の私は、根性で頑張ったりしても、心も身体もコチコチになって
体調を崩したりして、良いことはないのです。

ストレスも同じです。

きっと・・・ふわりふわりでうまくいくこともあると思うんです。

私は、今はそんな時期なのかな・・・と、そう思っています。






banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。