スポンサード リンク


2009年09月24日

癒しは、最大のお薬です

私達のような・・・
大切な人を亡くしたり、心が傷ついたりしたものに
一番大事なのは、癒されることなんだと思うのです。

人は、強くなれ乗り越えろ・・・などと
そっちの方を先に言うのです。

でも、順序が逆です。

癒されれば、ちゃんと強くなれます。
癒されれば、ちゃんと乗り越えられます。

その前に、頑張れ・乗り越えろ・強くなれ
そんなことばかり言われたら、癒される前に折れてしまいますよ。

普通の場合だって、心が安定してる方が強くいられるでしょう。

奮い起こすことのできるときというのは、まだエネルギーが
残っている状態の時です。

エネルギーが燃え尽きてしまってる時に、いくら頑張れと
言われても、害にこそなっても良いことはひとつもありません。

エネルギーが燃え尽きてしまった経験がない人は
振り絞れば、出てくるものだと思ってるんでしょう。

違いますよ。

まだ、絞れば出てくるうちは、まだまだ甘いです。

こう思えるようになった私は、少しは元気になってきたんだと
思うのです。

今の私は、自分を癒すことが、最優先です。

けんちゃんが亡くなってから、少し元気になったのかな?
って、思うと時は何度かありました。

けれど、その度に折れました。

もう折れるのは、嫌です。

しっかり癒されようと思います。
癒しは、最大のお薬です。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 22:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

私を都合よく動かす為に、けんちゃんを使わないで欲しい。。。

私の周りの多くの人は、私を自分の都合のいい方へ引っ張ろう
とします。
私は、そのことにもっと早く気付くべきでした。

私にストレスがかかろうが、そんなことは知ったことじゃない
んです。

私を都合の良い方へ引っ張る為、けんちゃんまで引き合いに
出しますからね。
「けんちゃんが、悲しむよ」とかね。

でも、けんちゃんはいませんから。
悲しみもしないでしょう。

ましてや、お墓には、けんちゃんはいません。

もし、いるとするなら私のそばです。
そして、何を一番悲しむか、といったら。。。

それは、私が元気でなかったり苦しんだり、辛い思いを
することです。

私を都合よく動かす為に、けんちゃんを使わないで欲しい。。。

思い返せば、私のストレスの数々は、私を思い通りに動かしたい
人達の要求でした。
その人達は、結局自分のことしか考えてないんです。
だから、私がストレスを感じようが感じまいが、そんなことは
関係ない。

苦労するのが当たり前だと、思っている人もいますし。

私は、できるだけ、ストレスがかからない生き方をしたいだけです。

私が健やかにいれば、けんちゃんは安心するんですから。。。

私は、私を思い通りに動かそうとする人達と同じくらいは
自分が楽に生きることを考えてもいいんじゃないかと思うのです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

毒気に当たっちゃったんだ・・・

今日は、とてもいい天気です。
以前だったら、こんな日は家にいるなんてもったいなくて
外に出掛けていたものです。

けんちゃんが亡くなってから、ずっと無理していたんだと
思います。

今の私は、人との接触は自分が望んでいない時は、避けたいです。
というか・・・雑音を耳に入れたくないのです。

時々、けんちゃんが亡くなってから、人から言われ、不快に感じた
言葉が頭の中でこだまのように響く時があります。

私が、不快を我慢して自分の心の中に押し込めてしまった
言葉の数々は、私の中に積もってしまったかのようです。

電話に出れなくなったのも、そんなことも関係あるのかも
しれないです。

不快+相手のヒステリックな感情・・・
これがダメなんだと思います。

まるで毒気に当たってしまったような・・・

ような・・・じゃなくて、まさに毒気に当たっちゃった
んでしょうね。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

4回目の命日

昨日は、けんちゃんの命日でした。

やはり、命日の前後は体調が悪いです。
・・・不思議な感覚なんですよね。。

なんて言ったらいいのか。。
エレベーターに乗ってるみたいな、自分が周りのスピードに
ついていけなくて、身体がふわっと浮いてるような。

頭がヒュンヒュンいってるような。

こんな日に、出掛けなくてはならなのは本当に嫌です。

家でゆっくりしていたい。

周りの人にとっては、4年も前のことかもしれないけれど、
私にとっては、まだ4年です。

けんちゃんが、亡くなった年は、いつまでも暑かったなあ。。

あの時の空気感のようなものは、確実に私の感覚に染み付いてる。

昨日は、けんちゃんが亡くなった年とは、違ってとても良いお天気
だったけれど。。。

湿度や空気、匂い。。そういったものは、記憶に深く残ります。



banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

それって・・・私の責任じゃないよ。。。

今日、電話が鳴った時に気が付いたことなんですが。。。

・・・もちろん電話には、出ないのですが。

電話が鳴っている間、私の耳に聞こえているのは、けんちゃんの
お母さんがけんちゃんが亡くなってから私に言った言葉の数々なんです。

まるで耳鳴りのように・・・

テレビとかで、その言葉が頭に響いて頭を抱えて「わー!」って
言ってるってシーンみたいに。

「頑張らなきゃいけんよ!」
「浩一郎と力を合わせて頑張らなきゃいけんよ!」
「新しい土地で頑張るくらいの気持ちがないといけんよ!」
「仕事で少しぐらい嫌なことがあっても我慢しなきゃいけんよ!」
「あなた親でしょ!」
「浩一郎の就職は、まだ決まらんの!」
etc...etc...

電話が、鳴り止んでもしばらくの間は、心臓がドキドキしています。
変な汗もかいています。

私は、電話に出れないんじゃなくて・・・
けんちゃんのお母さんからの電話に出れないだ。。。と気付きました。

電話が鳴ること。。イコールけんちゃんのお母さんの叱咤なんです。

叱咤は、今の私には必要ないです。

心配してくれてる気持ちを私にぶつけないで欲しいです。
こうして、考えてみると、けんちゃんが亡くなってから
けんちゃんのお母さんが、私に言ったことは、ほとんどが
○○しなきゃいけない。頑張らなきゃいけない。
我慢しなきゃいけない。まだなの。

といった、要望的命令のようなものです。

あげくの果てにには、浩一郎の就職が決まらないのは、父親が
いないからじゃないか。とか
私が、ちゃんとした勤め先に勤めてないからじゃないかとか。

・・・最終的には、うまくいかないことは、私の責任らしいのです。

別に、責任逃れするつもりはないけれど・・・
それって、私の責任じゃないですから!

このご時世、バイトも見つからない、若者だってたくさんいるって
いうのに。。


・・・まだ、もうしばらくは、電話に出れない生活が続きそうです。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。