スポンサード リンク


2012年12月10日

自分を応援する

長い間、人を応援し人の喜ぶことをすることが私にとっての
幸せだと、人から思われていたのではないか?
最近、そんなことを思います。

私は、ただその時できることを一生懸命にしていただけ。。

けんちゃんを亡くしてからの私は、自分で自分を
応援しなければならなかったにもかかわらず。

今考えれば、自分で自分を虐めてたような気がします。

それでは、心も身体も良くなるどころか、悪くなって
当たり前です。


私のことを「気楽でいいねえ〜」なんてことを言う人に
愛想良くする必要なんか何もなかった。

私が気楽かどうか、ちょっと考えればわかるだろう。
気楽なわけねぇだろう。。。
バカやろう!
っていうのが本音にも関わらず。。。

体調が悪いと言う私に「繊細すぎて困ったものだ」などと
言う人と言葉もかわす必要などなかった。

こんな言い方されては、体調が悪いことを責められてる
ようなものじゃないか。
デリカシーないにも程がある。
最低〜。。。と今なら思う。

私のパワーを奪うものには、今は極力関わらず。

衰えた体力と精神力で自分を応援しようと思います。

もっと、早く。。。もっと元気なうちに気付けば良かった。

応援することと甘やかすことは違うけれど。
休養を必要としてる時には,休ませなくてはなりません。

休養を必要としてるた時、休養を必要としていることすら
気付かなかった私は、本当にバカだったと思います。

けれど、大切な人を亡くすということは。
それほどに、正常な自分の状態とは違う状態になってしまう。
ということなのです。

そして、自分を応援できるのは自分しかいない。。。
そうとも思います。

自分を応援することの手助けをしてくれる人は、いるかもしれません。
自分を応援する為のパワーを分けてくれる人も、いるかもしれません。

けれども、自分を応援できるのは自分しかいない。。。

自分の方を見ていないで、他のことに懸命になって、元気になった
ような気になっても、それは本当の元気ではないです。






banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。