スポンサード リンク


2008年12月05日

自分が本当にやりたいことって・・・

昨夜、「風のガーデン」を見ていて・・・

「風のガーデン」は、毎回涙が出てしまい心が震えてしまうのですが、
昨夜は、貞美(中井貴一)の病気のことを父・貞三(緒形拳)が知って
しまい、娘のルイ(黒木メイサ)も知ってしまうという回だったので
なおのこと、うるうるしてしまいました。

貞三が病に冒されている貞美に
「君は今一番したいことは何なんだろう・・・」
「生ている間にやっておきたかったことはないかね・・・」
と静かに問いかけるシーンは、私の心に直に入ってきました。

ドラマなのに不思議ですね・・・

私は、けんちゃんが亡くなってから、自分がやりたいこと、
ということを考えたことがありませんでした。

どうせ、やりたいとおもってもできないんだ、とかそんな
投げやりな気持ちというわけでもなかったのですが・・・

周りの人の、「旦那さんを亡くしたんだから、やりたいこと
なんて、できるわけないよ」みたいな考えが、私のなかに
入り込んでいた・・・ということもありますし。

「動いてないと動けなくなっちゃうよ」という周りの声に
怯えている私もいました。

今になって、考えてみると、私は「ゆっくり休みたい」
と思っていたのです。

私が家にこもっていると、周りの人は、よくないことだと
思って、懸命にひっぱり出そうとしました。

けれど、出て行けば気も紛れましたが、ストレスもありました。

普通ならストレスに感じないようなことでも・・・
けんちゃんがいないことで、受けるストレスもあります。

「そんなにデリケートじゃ、付き合いきれないよ」
という声も聞こえてきそうですが。

やはり、大切な人を亡くした心は、デリケートなもの
なんだと思います。
それが普通なんだと思います。

思うのですよ・・・
言いたい放題に心ないことを言う人は、自分が傷ついた立場に
なったら、周りを巻き込んで、この世の終わりみたいな大騒ぎを
するんだろうなあ・・・なんて・・・

自分が出て行きたいと思って出て行くのなら、ストレスがあったって
きっと感じ方はマイルドなんだと思いますし・・・

休んでいたい時に休んでいて、外で楽しいことがあったって
参加できなかったことをさほど後悔なんてしないでしょう。

反対に出掛けたかったのに、出掛けられなくて楽しいことを
逃したり、休んでいたいのに引っ張りだされて,疲れてしまったり
したほうが後悔は残ります。

何かで読んだのですが、「死ぬときに後悔しないことリスト」
というのをつくり、やりたいことを書くといいそうです。
そして、焦らずひとつづつ、やりたいことにチャレンジしていくと
良いらしいです。
ノートの色はレモンイエローが良いんだそうです。

私も作ってもようかな、と思っています。
今はきっと「ゆっくり休みたい」としか書けないかも
しれないけれど・・・
焦らず、ゆっくり。
posted by 桃色珊瑚 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

youtube 風のガーデン
Excerpt: 【今夜のドラマ】『七瀬ふたたび』『風のガーデン』ほか TV LIFE『風のガーデン』(フジテレビ系 後10・00)第9話が放送。 貞三(緒形拳)が意を決してキャンピングカーを訪ねると、貞美(中井貴一..
Weblog: 気になるニュースについて記事にするブログ
Tracked: 2008-12-05 18:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。