スポンサード リンク


2007年08月16日

遺骨を人工石に加工

遺骨を人工石に加工 「故人」いつも身近に

遺骨でダイヤモンドをつくるっていう話は聞いたことあるけれど、人口石ですか。

「遺石(いせき)」と名づけられた供養方法は、遺骨約60グラムをパウダー状に加工した後に、約1500度で熱して、高さ5センチほどの人工石をつくる。人工石は骨でできた位牌(いはい)のようなもの

混合物を入れることなしに、純粋な遺骨だけから製造でき、骨をパウダー状に粉骨する工程を含む全工程(約3時間)に立ち会うことも可能だそうです。

ちょっと魅力的な供養方法です。

骨の成分の違いによって表面が、白系、茶系、緑系のガラス状になるなど、微妙に色合いが異なって仕上がるということです。

posted by 桃色珊瑚 at 15:51 | Comment(1) | TrackBack(1) | 供養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だいたいの費用はどれくらいになりますか?
Posted by ふじわらさだはる at 2010年09月24日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51601609

この記事へのトラックバック


Excerpt: 珊瑚刺胞動物門を参照サンゴは、刺胞動物門花虫綱に属する動物(サンゴ虫)のうち固い骨格を発達させる種である。宝石になるものや、サンゴ礁を形成するものなどがある。宝石になるものは珊瑚と呼ばれ、3月の誕生石..
Weblog: パワーストーンと鉱物
Tracked: 2007-09-29 16:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。