スポンサード リンク


2007年04月27日

お別れ会の後、その3

お別れ会が済んだ後、私にはやらなければならない事が山ほどありました。
役所・社会保険事務所・その他保険関係・職場関係・その他諸々の手続き。
母は父が亡くなった時の経験からその辺のことはよく心得ていて、
ぼんやりしている私に「今日はどこどこへ行ってきたほうがいいよ」
と促してくれました。

本当に手続き事というのはたくさんあるものだなぁ、そう思いました。

私一人だったら何からやった良いのか分からず、途方に暮れていたでしょう。

今は役所も税務署もとても親切でひとつひとつ丁寧に説明してくれます。
職員の方の対応もどこへ行っても優しく親切でした。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お別れ会のあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

お別れ会の後、その2

お別れ会がすんで、けんちゃんがお骨になってしまったのを見ても、
私はまだけんちゃんが亡くなったという実感はありませんでした。
それは今も同じです。

息を引き取る瞬間を見ていたわけでもなく、苦しんでいた姿を
見ていたわけでもなく

本当に突然いなくなってしまったのです。

T内科クリニックからお薬をもらって家に帰ってきて、
2・3日静養すれば元気になるつもりでいたのですから。

そういった意味では、けんちゃん本人だって驚いているのかもしれない

けんちゃんは長生きの家系で、80・90迄元気で活躍している人が
たくさんいます。

常々、自分も長生きするんだろうと言っていましたし、
私もそう思っていました。




banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | お別れ会のあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お別れ会のあと

お別れ会の後、2ヶ月間私の母と一番下の妹のあっこが
私とけんちゃんの家に一緒にいてくれました。

息子の浩一郎もすぐに大学に戻らなくてはいけなくて、心細かった私には
母と妹がいてくれるのはとても嬉しかったのです。

母も46才の時に父を亡くし、私のことがほんとうに心配だったのだと
思います。

きっと、私一人だったらご飯も食べず、家に閉じこもっていただろうな

母と妹は交代で台所に立ち、私に3度のご飯をしっかり食べるように
おいしい私の好物を毎日作ってくれました。

雨がひどい日以外は三人で毎日外を散歩しました。

今思えばこの2ヶ月の生活が私を救ってくれたのだと思います。

母は自分の体験から私にどう接したらいいのかよくわかっていたのでしょう。


banner_03.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お別れ会のあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。